短編小説

広告
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『一個残しと以心伝心』

僕の仕事カバンの奥ポケットには、一通の擦り切れた封筒が入ったままである。中身は離婚届。それは5年前の7月7日、妻であった君から合意のサインを貰った緑の用紙だ。役所に提出しようと思いながら、何度も冬が来て春が来て梅雨が来て、そして5回目の七夕...
広告
タイトルとURLをコピーしました