ミニドラマ

作詞・コピーライト・文章

ハロー・グッバイ

私 「セーターが肌になじむ頃になると、小さな森にドングリを拾いに行きます。落ち葉をかさこそ分けながら、手のひらをコーヒー色の木の実で満たすと、宝物を抱えた子供に戻ります。 あの頃は限りなく深く広く見えた森も、膨らむ街に削られてどこか寂しげ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました