梵天

スポンサーリンク
猫・ペット

うわーん、やられたっ!!

東京へ行く時など長時間留守にする場合、気がかりなのは与六に留守番をさせることだ。仕事を済ませたら寄り道せずに、アクセルを踏んでトンボ帰り。玄関のドアを開けると二階から、チリチリと鈴の音が降りてくるとホッとする。足元で見上げている与六に「淋し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました