恋愛小説

作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『シングルマザーと息子との三角関係』

今年の七夕は日曜日。付き合って2年になる恋人からホームパーティーのお誘いを受けている。集うメンバーは3人で、彼女、僕、そして小学校3年の星彦くん。年上でバツイチの彼女が溺愛するクソガキ・・じゃなかった一人息子だ。外でデートするのは楽しいけれ...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『平均寿命100歳まで生きる私の恋愛』

2045年には平均寿命が100歳に到達すると、世界の研究者の多くが予測してるという。その頃は後期高齢者となっている自分を思い浮かべながら、今日が50歳の誕生日。占いによると7月7日生まれの女性は愛情深く、同時に多数の事柄を進行できる器用さを...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『私のこと、愛してる?』

「お綺麗ですよ。またお待ちしております。」 元気な声に見送られて、いそいそと美容院のドアを開けた。駅に向かって花柄の傘をポンと開けば、七夕の夜はもう3日も続いた雨降り。今夜のデートに向けて巻き髪にしてもらったのに、いくら傘の角度を変えても...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『一個残しと以心伝心』

僕の仕事カバンの奥ポケットには、一通の擦り切れた封筒が入ったままである。中身は離婚届。それは5年前の7月7日、妻であった君から合意のサインを貰った緑の用紙だ。役所に提出しようと思いながら、何度も冬が来て春が来て梅雨が来て、そして5回目の七夕...
作詞・コピーライト・文章

恋の終わりを決めるとき

その日は午前中から気温30度を超える真夏日。 海が見えるターミナル駅に着いた電車からは、リュックを下げたカップルや家族連れが次々に降りてくる。 平日でも観光客で賑わう温泉都市に、彼女は1人暮らしの住まいを構えていた。 週に1度訪ねてく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました