映画

医療・介護・高齢者

去り逝く者と残された者

前から気になっていた映画「象の背中」を観に行った。 余命半年の肺癌を宣告されたサラリーマン(役所広司)が、「死ぬまで生き続けたいんです」と延命治療を拒否。残された時間を家族、愛人、思い出の人たちとの交流に費やすというストーリーである。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました