風邪の撃退には常夜鍋

スポンサーリンク

風邪をひいた私は果報者である。病気になって良かったわけじゃないが、沢山の方々からお見舞いのメールやコメントを戴いたのは嬉しい。おかげでベッドで横になっている間も、ピコピコと携帯メールを返信し続け、退屈することはなかった。

「大丈夫ですか?熱は下がった?いっぱい睡眠をとってね」
「与六たんぽでなく、湯たんぽで背中を暖めて」
「生姜にレモンとはちみつを混ぜてお湯で割るとか?」
「もし欲しいものがあったら、買ってドアノブに引っ掛けておくよ」
「風邪は回復に向かってますか?飲み会はバニーのコスプレよろしく」

あれ?意味不明なメールも混じっているけど、笑うことも良薬のひとつだ。

夕方にコープの宅配が来たのでノソノソと起き出すと、注文品の中に青々とした「縮み小松菜」が入っている。風邪撃退まであと一歩。脚本家の向田邦子さんが好物だったという「常夜鍋」を作ることにした。

自己流ではあるが、作り方は簡単。土鍋に昆布だしを作り、日本酒をドボドボッと注ぐ。煮え立ったところにニンニクを3~4片ほうり込み、適当に切った小松菜と豚肉(しゃぶしゃぶ用)を入れて、さっと煮たら出来上がり。
炊飯用の分厚い土鍋を使えば、火から下ろしてもグツグツ煮えているので、カセットコンロは必要なし。ポン酢につけて肉を口に運ぶと、ふわーっとニンニクの香りがして食欲が湧く。

IMG_0281
常夜鍋

我が家での新年会で同じメニューを作ったところ、「こりゃウマい!」と即座に鍋が空になり、私は肉一切れしか食べられなかった恨みがある。毎夜食べても飽きないほど美味しいという意味で「常夜鍋」の名が付いたというが、出汁を使わずに日本酒だけで煮る調理法もあるらしい。実はその方法は前に一度試したものの、顔は火照り、喉は渇き、記憶は遠くなり、究極の大人の鍋であった。

風邪は治り始めると早い。身体のだるさが取れて、明日からは仕事に復帰できるかな。こうしてブログを書いている私の横で、「早く寝なさい」とばかりに与六がニャオーン。猫にも優しくされて本当に果報者である。

コメント

  1. muha より:

    こんばんは。明日から気温もまた10度下がるそうです。お互いに気をつけましょうね。ではでは~♪

  2. yuris22 より:

    muha様

    今年の大寒は春の陽気だったそうですが、寝てたので全く知りませんでした。遠足に行けなかった子供の気分です。
    風邪は90%治ったと同時に、与六も様子を見に来なくなりました。今日は大運動会のお付き合いをしてあげます。

  3. muha より:

    せんせい こんにちは。環境省の ‘そらまめ君’を頻繁にみてるのですが 逗子 三浦 の亜硫酸ガス値が 0.007~8ppm と お目立ちみたいです。ひょっとすると揺れるかも知れませんので 与六君 よくみてあげて下さいね。

  4. yuris22 より:

    muha様

    亜硫酸ガス値も地震に関係があったのですね。教えて戴いてありがとうございます。
    与六は窓辺の日だまりで、モコモコになって幸せそうにまどろんでいます。今のところは大丈夫みたいですね。

  5. muha より:

    こんばんは。与六君にかわりはありませんか?驚かせてすみません。九十九里の方で揺れましたが、晴海 お台場 八潮 0.009ppm と 逗子 三浦 を凌いでいるようです。是非お時間に余裕をみられて みえられた方が宜しいかと存じ上げます。ホントに月曜日の朝って覚悟要りますね
    ☆ではでは~(^-^)/☆

  6. yuris22 より:

    muha様

    昨日は何事もなくて良かったですね。ただし今日は東南の方角に、巨大なレンズ雲が出ているのでちょっと心配です。一月にしては異様な暖かさも・・。与六が外ばかり見ているのは不安だからでしょうか。今は私にニャーニャーと何かをうったえています。

  7. muha より:

    こんばんは。せんせいがラボのデータを見ていないとすれば、素晴らしい感度ですねぇ~M4級30kmのが2つ青ヶ島の南と南硫黄島の南の東経141度線上にあったみたいです。猫の特性でしょうか!?鳥島方面に敏感なケースよくみられます。東京にもやはりM3級きていたみたいです。

  8. yuris22 より:

    muha様

    やっぱり揺れたんですね。思ったより早い反応でした。
    夜になって空気が硬くなってきたので、今夜は大丈夫かなと思います。与六も陽気に運動会しています(笑)

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました