逗子食べ歩き5本勝負

スポンサーリンク

雨模様だった土曜日とは一変。日曜日の逗子は外に出なくちゃ損をするほどの上天気だ。

昨夜(というより今朝まで)毛目子でテーブルを囲んだ仲間、ゆうき食堂のスタッフのK太郎くんを訪ねて、お昼ごはんに出発した。
11時半に到着すれば、空席待ちのお客がすでに列をなしている。
カウンターで注文している最中に、プジョーの自転車でもう1人友人が駆けつけた。

「今なら絶対においしいのはサワラだよ!」と聞いていた通り、本サワラのあぶり焼きを頼んでテーブルへ。他にもアジやマグロの刺身、アジのフライが大盛りのご飯と共に並ぶ。
戦場のように忙しいキッチンから、時おりK太郎くんが顔を出して「イェイ!」。
「おまけがないぞ~!」と笑いながら野次を飛ばしているうちに、またもう1人、大船から友人が駆けつけた。

ゆうき食堂
鯵フライと刺身定食
メニュー

食後の散歩はいつも通り、逗子マリーナを抜けて材木座海岸へ。
ビーチには所狭しとサーフボードが並び、早々と海の家の基礎作りも始まっている。

材木座海岸
材木座海岸2
材木座海岸3

お茶するのは「湘南ウクレレ塾」の看板を掲げたカフェ&レストランのALOHA CUBE
ここは昼間はジェットスキー、サーフィン、ウクレレ、フラダンスのお教室もあり、夜はバー営業でのライブもあり、みんなを集めてバーベキューもあり、さらには2人のお子さんをメインに家族揃ってCDデビューもするという、湘南の全てが詰まったようなお店だ。
オーナのUさんから「ゆり子先生、チラシが出来ましたよ」と、宣伝用のチラシを頂く。

アロハキューブ
ハル&チッチ

自宅に戻って一休みして、日の明るいうちから夜の部へ。
逗子なぎさ通りにある立ち飲み屋・三遊亭の暖簾をくぐれば、カウンターの向こうからコック姿のHさんが「ゆりさん、いらっしゃい!」
イラストレーターの大御所・鈴木英人さんも毎日顔を出す、自由人の溜まり場だ。
ビール1杯350円、おつまみは50円から最高でも350円まで。ねぎチャーシュー、シジミの佃煮、きゅうりトースト、豚舌とキャベツ炒め、チキンピカタ、ポテトサラダがお勧めだ。

三遊亭

三遊亭のすぐ近くには、逗子で一番人気の焼肉店・東海園。
オーナーのTちゃんとは立ち飲み仲間&カラオケ仲間で、体育会系の一本気な人柄が憎めない。
レバ刺し、タン塩、カルビ、コブクロ、サンチュ、おばあちゃん手作りのキムチ・・、小坪でケータリングサービスをしている料理人・ひなちゃんが焼肉奉行ぶりを発揮してくれたおかげで、いつもの倍おいしく食べることが出来た。
今回はオーダーしなかったけれど、参鶏湯(サムゲタン)は絶対にお勧め。1500円で2~3人前はあり、骨もホロホロと充分に煮込まれていて美容に良い事この上ない。


タン塩
カルビ
コブクロ

キムチ
参鶏湯

さらにさらに、まだ食いに行くか~?? JJ.MONKSに乱入。
お勧めの赤ワインに豚肉のサラダとペンネアラビアータ、世界でいちばん美味しいと保証できるハンバーグをオーダーした。
いつの間にか葉山・日影茶屋のオーナーや鈴木英人さんも現れて、ジモティだけになった日曜日の夜は更けていく。

豚肉のサラダ
ペンネアラビアータ
ハンバーグ

行く先々で仲間が増えていくブレーメンの音楽隊。
あくる朝の体重計が何よりも怖い、逗子で食い倒れの1日であった。

コメント

  1. 波に乗れてないさかな より:

    あぁ~、羨ましい。

    極度のストレスで身体をおかしくしてしまい、食事制限、大好きな酒も控えています。

    普通に生活できるって、本当に幸せな事なんだなってものすごく実感しています。

    でも、近いうちに必ず復活しますとも!!

  2. ツネ2 より:

    もしかして、以前のプロフィール写真より・・・。
    おいしいものは、おいしいですね。
    健康そうでなによりです。
    見てて都会の生活から離れたくなります。

    逗子の波乗りさんと最近友達になりました。
    以前紹介していただいたピザ屋さんが、
    家からカヤックに乗り10分と言ってました。
    自転車感覚でいいですね。

  3. みあ より:

    こんにちは

    なんだかとっても楽しそうで、生まれた場所にずっと住んで仲間や知り合いがずっといるって言うのは素敵だなぁって思いました。

    それにしてもおいしそう!!

  4. 素浪人 より:

    拙者も参加希望でごわす! ウゥ~~ わんっ! 

  5. yuris22 より:

    波に乗れてないさかな様

    波に「乗れていない」現状、もどかしい事でしょう。

    以前に親知らずの抜歯をして、数日間お酒を飲めなかった
    だけでも落ち込んだ私ですから、お気持ちはよくわかりま
    す。
    早く元通りになって、旬の食材と愛すべきお酒を楽しめま
    すように!

  6. yuris22 より:

    ツネ2様

    私が登場してる写真でしたら、近況のものです。
    既に酔っ払って、脳天気な顔ではございますが・・(^_^;)

    ピッコロヴァーゾのすぐ近くに、今回紹介した「ゆうき食堂」があります。
    近ごろどこにでも看板が出ている生シラス丼も、ゆうき食堂がいちばん安くて量が多いかも。
    機会があったら味わいに行ってみてね。

  7. yuris22 より:

    みあ様

    何度か都内に住んでみたこともありましたが、やっぱり湘南に戻って来ちゃいます。

    海に抱かれて育ったせいなんでしょうか、ジモティたちは大らかで気の良い人たち
    ばかりなんですよ。
    しかも自然の恵みである美味しいものを子供の時から知っている。

    観光客の洗礼を受けていない逗子は、住むほどに愛が深まる町です。

  8. yuris22 より:

    素浪人様

    参加するにあたっては、ウォーリーを探せ(・・って古い?)のごとく、
    私が行きそうな店を捜索してください。
    お酒の売上がアップするオーナーたちが喜びます。

    運よく顔合わせできれば、ブレーメンの音楽隊に参加してもらっちゃおうかな。
    でも朝までコースですよ。

  9. たけぞう より:

    ゆりさん、本気でダイエットする気があったら
    いつでも声かけてくださいね。
    半年で10kg痩せて、体脂肪率20%を切ったノウハウを
    お教えしますので。

    でも、たまにだったら太らないので、
    僕にもお店の場所教えてください・・・よだれ

  10. yuris22 より:

    たけぞう様

    本気でダイエットする気は・・まだないかも(^_^;)

    とりあえず体脂肪率は20%そこそこなので、お酒を抜いて粗食に徹すれば、
    数日で2キロぐらいは落とせます。
    ・・って、それが難しいんですけどね。

    どうしてこんなに美味しいものに囲まれているんだろうと罪を感じて、
    昔の映画「料理長(シェフ)殿、ご用心」を思い出しました。

  11. ホワイト より:

    はじめてまして。とても素敵なブログですね。楽しく拝見させていただいてます。
    じつは自分も小坪にちっちゃな部屋があって、たまに犬連れてあそびに行ってます。東京から一時間で、こんなにのんびり出来るのか、と犬と一緒に喜んでいます。
    でも残念ながら仕事が忙しく月に二、三回ほどしか行けません。そんななか偶然織田さんのブログを見つけました。ジモティならではの目線で湘南の季節、歴史、風物が詰まっていて、もっと小坪に行きたいなぁと自然に思ちゃいますね。
    今一番行ってみたいところは「毛目子」です。外様のイチゲンでも入れてくれるのでしょうか?
    何とか探して行ってみます!

  12. yuris22 より:

    ホワイト様

    いらっしゃいませ(^_^)
    小坪にお部屋があるとは、きっとどこかで擦れ違ってますね。

    ケメ子は私の名前を出せば、快く迎えてくれると思います。実際、ブログを見たと
    仰るお客様がよく訪れるとか。
    ただしサボり癖があるため、他の店に出張してることがよくありますが、来週からは
    スタッフがもう1人増えるので大丈夫でしょう。

    小坪はこれから最高のシーズンです。
    お仕事の疲れをリフレッシュしてくださいね。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました