精神世界を売るビジネス

スポンサーリンク

やっと熱が下がって、昨日は前から予定していたセミナーを聴きに渋谷へ出かけた。講師はネットビジネスのプロであり、メルマガ【アメリカで一番になった!】【人生最適化メルマガ講座】の発行人・礒一明氏。スピリチュアルとビジネスを結びつけ、心の豊かさ・財力・良い人間関係をセットで手に入れたという、引き寄せの法則のお手本のような人である。

 

人生最適化をテーマにした3日間の講習会のうち、私が参加したのは「カウンセラー&コーチ育成ワークショップ」。と言っても今から職業替えを考えているわけではない。人の心の迷いを解く仕事をしている方々が、報酬として金銭を受け取ることへの割り切り方を知りたかったのである。

 

文筆業の場合、4百字詰原稿用紙1枚が○○円、作詞1編が○○円という報酬を自ら提示することが多い。しかし金額交渉の苦手な私は「いいですよ、そちらのご希望の額で」と尻込みしてしまう。プライドが邪魔してるわけじゃない。原価がないものを売ることに対し、引け目を感じる気の弱さなのである。それに比べ、話術で売るカウンセラー、コンサルタント、スピリチュアラーたちは心臓に毛が生えているのだろうかと、常々不思議に思っていた。

 

「提供したいものと受け取るもののバランスが大切です」と礒氏は語る。コンサルティング料の目安は時給3~5万円。適正費用が大幅に上回っていたり下回っていたりすると、モチベーションの低いお客さんが寄ってくるのだそうだ。そうなるとネガティブな波動を受けやすくなり、時間の切り売り商売は心身ともに疲労困憊する。

 

周りを見ていると、セレブリティと呼ばれる人たちは自ずとお金を引き寄せる。ポジティブな波動を出していれば、同じくポジティブな波動を持った人たちが寄ってきて、豊かさを与え合うモデルが生まれる。その仕組みに正々堂々と生きるか、それとも汗水垂らした労働で得るお金以外は下賎であると見なすか、心の持ち方ひとつなのだろう。

連休の渋谷駅前交差点

セミナーが終わって午後5時前の渋谷。連休中とあって混雑はピークに達し、スクランブル交差点は1回では渡れない。風邪が完全に治っていないのに加えて、人混みでネガティブな波動を拾いすぎた私は、完全に声が出なくなった。日ごろの生活態度からしてモチベーションをアップしないといけないな。あと少しで手が届く「何か」。その光を見つけに、次は静かな禅寺に座禅をしにいこうと考えている。

コメント

  1. marie より:

    やはり人間は出来ることなら常にポジティブでいるに越したことはないですよね。時々、思うのですが「騙す人間が悪いのか?騙される方がバカなのか…」
    「言葉や習慣(考え癖)で人生は劇的に変わる!」と以前に参加したセミナーで心理学者の伊東明さんが言ってましたが、とても楽しい一時でした。

  2. ゆり子さん、体調は如何でしょうか。そう言えば去年も同じ時期に夏風邪をひかれていたように記憶しています。私も同じ時期にバリ島帰りの飛行機の中が寒くて風邪で1週間ダウンしたのを思い出しました^^;

    コンサルタントとしてお仕事をさせて戴く身として、他人事ではない記事ですが、確かに口先八寸でお金を稼いでいる人も過去には多く見受けられましたが、今やユーザーの方が上手なように感じている今日この頃です。
    中にはノウハウを無料で要求してくる経営者もいて頭の痛いこともありますが、どうしても相手の要望には極力応えてあげたいと思う性分なので、お金儲けには縁がないかも知れません。
    「先に他のために為す」ことをしていれば、必ず巡ってくる対価はお金だけではないと思いながら、自分しかできないことを試行錯誤しています。

  3. yuris22 より:

    marie様

    今回のセミナーで聞いたこと。人を慰めようと「あなたは悪くない」と言うのは、逆効果なのだそうです。「悪い」という言葉が潜在意識に残り続けるのだとか。「あなたはステキ」「あなたは頭がいい」と、肯定的に褒めるのがベスト。言葉の力が人生を変えるのですね。

  4. yuris22 より:

    マジックリン様

    昨日は根をつめすぎて、また熱が復活してしまいました(^^;
    自分にしか出来ないこと、オンリーワンになろうとすると、本当にこれで間違ってないのだろうかと不安が湧いてきます。そこで慌ててナンバーワンを目指すから、体調も崩すし、ストレスも溜まるんですよね。
    初心に戻り、価値観を見つめなおす必要もあると考えるこの頃です。自信を持たないとね!

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました