思い出の曲と歩く秋の海

スポンサーリンク

夏の喧騒が跡形もなく去った材木座海岸に、いつも通りの秋がやってきた。午後4時を回ると、のどかな海面にはキラキラと光の道が出来ている。ウインドサーファーたちは黒いシルエットになって、ウスバカゲロウの羽みたいなセールを操りながら、風の流れに乗っていく。

見れば切なくなるのに、なぜか来てしまう夕方の海。iPodのイヤホーンからはサザンオールスターズの”LOVE AFFAIR~秘密のデート”。ヨットマンだった彼と付き合い始めた頃、カラオケで私に初披露してくれた曲だ。♪二度と戻れないドラマの中の2人♪という歌詞に自分を重ねながら、恋の熱病にかかりそうな予感にドキドキしていた。

空に旅立った彼には、もうフォトフレームの中でしか会えない。でもスターダストレビューの”STAY MY BLUE~君が恋しくて”、Bkozの”南の島”、浜田省吾の”サイドシートの影”等々、思い出の曲たちはジーンズのポケットに入れて連れ歩くことができる。

「きれいでしょう、この曲がぴったりの景色だよね」
独り言を呟きながら、久しぶりに涙がポロリとこぼれた。週末のたっぷりな時間。そのまま鎌倉へ歩くことにしたが、人通りの少ない路地を選んも、幸せそうなカップルたちは何処にでも出没する。彼の腕につかまり、彼女のはしゃぐ声がちょっと羨ましい。

すっかり日が落ち、適当に買い物を済ませて帰ろうとすると、逗子の飲み仲間から電話。
「何やってんの。早く出て来いよ、みんな待ってるよ」

ありがとう、センチメンタルには回れ右だね。30分後には家族のような友人たちと、笑い話にお腹の皮をよじらせているだろう。イヤホーンからはアップテンポな次の曲。♪君は何してる 笑顔が見たいぞ♪、スピッツの”魔法のコトバ”が私の背中を押した。

材木座

DSC_0768

コメント

  1. easyman より:

    聞くだけの「いい女磨き道場」(18禁・男子禁制)
    不眠症の方にもおすすめ
    http://www.youtube.com/watch?v=No0-Pygxqjs

  2. marie より:

    「LOVE AFFAIR~秘密のデート」>
    この歌を聴くと当時のドラマ「スイートシーズン」だったでしょうか?
    松嶋奈々子さんが主役のドラマを思い出します。
    とても夢中になって観ていました。

    誰にでも思い出の曲ってありますよね。
    恋愛の思い出の曲はドリカムの「LOVE LOVE LOVE」
    ZARDの「揺れる思い」
    T-BOLANの「時の扉」、大黒摩季の「DA・DA・DA」
    ・・・他にもいっぱいあります。

    この当時は歌番組が全盛期でしたよね?
    当時の私は休日の度に友人達とカラオケし、飲みに行き、ナンパされるのを楽しみ遊び巻くってました(笑)
    男もとっかえひっかえで真夜中に海までドライブし、キスをして・・・と楽しんでたと思います。

    まぁ、余程の生真面目でなければ誰しもそんな時を経て本当の大人になるのかもしれません。
    そう言えば、話が飛びますが宇多田ヒカルさんのCM見ましたか?
    とてもキレイになりましたよね。
    やはり人は前向きに年齢を重ねて自分磨きをすれば誰でも輝けるものですよね?
    お肌でもスタイルでも全て年齢のせいにしてはいけませんよね?

  3. オ・キ・ト より:

    はじめまして。
    ツィッターのフォローありがとうございます!
    ブログタイトル通り、さすがの文章力を参考に・・・?
    (あまりの差で足元にも及びませんが・・・)コツコツ自分磨きをしていきたいと思っています!
    自分は下戸なのですが、そんな素敵な飲み会に参加してみたいです。。。!?ppp!!!

  4. 亀吉 より:

    秋の海って物悲しいよね。思い出の曲を聴いちゃったら、もういけません。
    たまには涙もいいけどさ、彼ははしゃいでるゆりちゃんと一緒にいる時が一番幸せそうだったよ。
    そうさ、いつも一緒だよ。

  5. yuris22 より:

    marie様

    宇多田ヒカルさんも安室奈美恵さんも、離婚を経験してから一段と成長しましたね。誰にも左右されず、自分の力で生きていくオーラがみなぎっています。特に目力が強い。「目は心の窓」と言いますが、内面の美が最も現れる場所ですね。

  6. yuris22 より:

    オ・キ・ト様

    こちらこそ、フォローをありがとうございます!
    昨日もまた飲み会。本牧でワインバーを経営している友人を、逗子仲間たちと一緒に訪ねていきました。これから数日は休肝日ですが、誰かが掟破りで電話してくるんだろうなあと、ちょっと楽しみにしています。
    悲しい文章よりは、沢山笑って明るい文章を綴らなきゃ!です。

  7. yuris22 より:

    亀吉様

    土曜日は海岸を散歩しながら、彼をとても身近に懐かしく感じていました。あまりにも心地よい秋の日だったから、空から降りてきてくれたんでしょうね。涙は出たけど、胸の中はとても温かかったですよ。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました