小さい秋みつけた~愛

スポンサーリンク

初めての一眼レフ。デジカメを肩から下げて、午後の撮影散歩を試みた。小坪から材木座海岸、光明寺へと歩いていくと、光る海はマリンスポーツのベストシーズン。潮風はまだ夏の香りを残しているが、サヤサヤと揺れるススキの穂が9月を歌っている。裏道の植物たちは秋の図鑑に変わっているようだ。

ススキと和賀江島
ビーサンの忘れ物
相模湾
萩
落ち葉
芙蓉

光明寺の境内は、鳩と猫たちの溜まり場。30代ぐらいだろうか、ペアのTシャツを着た欧米人のカップルが、しゃがみ込んでずっと猫を撫でている。写真を撮りたい私は、早くどいてくれないかなあと彼らをチラチラ見ていたが、30分たっても場を譲ってくれない。

光明寺
光明寺の鳩
光明寺の裏山

時間つぶしにお寺の裏山を歩き、相模湾を見おろす写真を撮ったあと、再び境内に戻った。猫たちの周りからは人影が消えてシャッターチャンス。先ほどの2人はといえば、夕方の読経が響く本堂に上がって、手すりを伝いながら歩いている。彼女が手を引く彼の目には真っ黒なサングラス。なんと目が不自由だったのだ。

陽だまりに寝転んでいる猫のぬくもり。時を経た本堂の手すりのなめらかさ。柔らかな秋の手触りを彼に感じてもらいたくて、彼女は境内へと手を引いてきたのだろう。私は自分勝手を恥じるのみ。彼らにカメラなど向けられようもなく、ただ猫たちを見おろしていた。

光明寺の猫1
光明寺の猫2
光明寺の猫3

小春日和みたいな風景は、今日いちばんの心の収穫だった。2人にありがとう。小さい秋みつけた。

風車の忘れ物

コメント

  1. 的は逗子の素浪人 より:

    写真がシャープでしっかりしていますね。
    さすが管理人様! 使いこなしていますね。

  2. 的は逗子の素浪人様

    ほめちゃダメです、その気になります。
    ズームと絞りの違いさえ分からなかったのに、素人を有頂天にさせるテクノロジーの進化は素晴らしい!・・なんて甘んじていないで、今夜は取説を読みます。

  3. marie より:

    あ~(^-^)!!
    猫ちゃん、たまんないです!
    もっと、撮って下さいね。

  4. yuris22 より:

    marie様

    材木座の光明寺は猫の名所でもあります。私以外にも、一眼レフのカメラマンがいっぱい集まっていました。猫を引き寄せるには、おやつが必要ですね。うちの与六が大好きな「ささみスナック」持参で、次のチャンスを狙います。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました