ジモティが歩くディープな鎌倉

スポンサーリンク

暑い。しかも湿気があって暑いのは何もする気にならない。
巨匠の仏頂面でも見に、鎌倉の「THE BANK」に行こうかとテレテレと歩いていたら、由比ガ浜商店街で不思議な店を見つけた。
高級洋食器やアンティークグッズを売っている「ブルー3」という店だ。

ブルー3
Blue3

どうにも名前が気になる。2店舗並ぶうち、左側の店舗に入って理由がわかった。
奥の棚にはブルース・リーを中心とした格闘技ビデオがびっしりと並んでいる。ここだけ秋葉原、ここだけオタクなのだ。
ウェストバッグを下げてウロウロしている店主に、冷やかしでは悪いので何か買おうかと思ったが、どう探しても買いたいものが見つからない。

こそこそと表に出てテントを見上げれば「格闘科学研究所」の文字。
鎌倉の御成商店街や由比ガ浜商店街は、レトロな宝飾品屋や駄菓子屋、超高級ハンドバッグ屋など、どうやって生計が成り立ってるのか不思議な店が多い。

「THE BANK」でビールを飲んだ後は、またテレテレと歩いて若宮大路へ。
二の鳥居の近くにあるJAZZ&RESTAURANT CLUBの「DAPHNE(ダブネ)」へ入った。ここでは近隣のみならず都内からも一流ミュージシャンがやってきてジャズ・ライブを楽しませてくれる。

今夜の出演はギタリストの直居隆雄氏をはじめとする4ギター&ベースの「Guitar Workshop」というセッション。

DAPHNEライブ

写真の中央に立ってる直井氏は、私が「加山雄三コンサートツアー」の構成をしていた頃、一緒に全国を回ったバンドリーダーで、日本作編曲家協会の常任理事でもある。当時に比べたら、すっかり髪は白くなっちゃったけど、持ち前の律儀さはそのままでギターの腕前は益々アップ。

さらに懐かしい顔がもう1人、写真では一番右側に写ってる萩谷清氏は、NHK教育TVの「ワンツーどん!」で新曲を作る際、演奏をお願いしたギタリストだ。

DAPHNEのライブ・スケジュール表を見たら、そこかしこに懐かしい名前がいっぱい。
みんな地道に活動してるんだ~と、当たり前ながら当たり前じゃないミュージシャン生活を目の当たりにした夜だった。

コメント

  1. 利衛門 より:

    鎌倉、、楽しそうですね!!
    やはり、、デープな人達が、、多そうですね!!
    8月20日、21日当りに行こうと思いますが、、
    確かに、、何とも気になります。
    ブルー3、、、、

  2. こまちゃん より:

    「ぶるーすりー」ワロタヨ

    >どう探しても買いたいものが見つからない。

    ノーコメントwww

  3. yuris22 より:

    利衛門様

    常連となれるお店を毎日開拓しています。
    どんな小さな店でも彼らは素敵なプライドを持っていて、しかも人懐っこいんですよ。
    私もいつか逗子・鎌倉の有名人になれたら幸せです。

  4. yuris22 より:

    こまちゃん

    買ってあげたくても、モノが見つからない。
    そんな店が多いんです。
    でも店主はいい奴ばかりで、ワインの一本でも持って
    押しかけたくなる。

    う~ん、働いてる間はないな(自爆)

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました