引越して初めての逗子花火大会

スポンサーリンク

夏の夜空に咲く大輪の花々。昨夜の逗子海岸花火大会は思いのほかゴージャズなショーだった。

夜7時45分から8時半までと時間は短いが、打ち上げ総数7,000発はたぶん湘南で最大規模。しかもラスト10分間の打ち上げ総数は5,000発と、日本で最大規模。
逗子は居酒屋の「甘太郎」が発祥の地ということで、フードサービス企業の「コロワイドグループ」が出資しているという。

噂を聞きつけた観光客で、逗子の駅前近辺は大混雑。
仕掛け花火が見物できるハーフマイルビーチ・逗子海岸に向けては、交通規制が敷かれている。
家から歩いて行くのは可能だが、人に揉まれない静かなところで見物しようと、マンション敷地内の駐車場で立ち見。でもアルコールがないと寂しいなと、次に我が家のテラスをプライベート会場とすることにした。

逗子花火大会1
逗子花火大会2
逗子花火大会3

建物で花火の一部は欠けてるものの、サイズも音も迫力充分。
グランドフィナーレは大型花火が間髪なく上がり、まるで爆撃かと思うほどだった。

湘南での大規模な花火大会。8月7日には片瀬西浜で打ち上げ数5,000発の江ノ島花火大会が待っている。
実は10年ほど前、小田急片瀬江ノ島駅の近くに住んでいたことがあり、自分の住まいから見える花火では最大サイズだった。
地を揺るがす音はもちろん、何よりも驚いたのは大輪の花が開いたあとに「おおーっ!」「パチパチパチ!」という見物客のどよめきと拍手が、部屋の中まで聞こえてくることだ。

湘南で育った私には見飽きた花火。それでもやっぱり気になる花火。
音がすればどんなに遠くだろうと、あのオレンジの光の花を見つけると安心する。
喧騒のあとの切なさを引き連れて、今年も短く暑い夏がやってきた。

コメント

  1. 詩人たそがれ より:

    あの光と音と人々のうねり・・・

    あとの潮が引くような静けさ・・・

    あぁ また夏が来た・・・

    この季節 夜 東名を流すと、いたるところで花火の華が開いていますよ。

  2. 亀吉 より:

    凄いね、大迫力だ!
    今日は色々なところで花火大会があり、帰りの電車は浴衣姿がたくさんいました。
    私は今日も穴倉でお茶汲みと皿洗いでした。

  3. Manta より:

    花火は写真に写りにくいのに、よく、こんなに大きく撮れましたネ。

  4. たけぞう より:

    本当に今年の夏は短かそうですね。
    吉田拓郎の夏休み、井上揚水の少年時代、山下達郎のさよなら夏の日、Get Back in Love(逗子なのでね)・・・と、頭の中江ぐるぐると。なんだか寂しいなあ。海にも行かずに終わりそうだ。yuriさんは夏はどっか行くんですか。逗子の海以外で。

  5. yuris22 より:

    詩人たそがれ様

    高速を走っていると、打ち上げ花火が!
    よく見るとパチンコ屋さんの照明だったりします。

    でも本物の花火を見つけた時は、小さな得をした気分になりますね。

  6. yuris22 より:

    亀吉様

    いいなあ、浴衣にうちわに下駄。
    祖母が生きていた頃は着付けて貰ってましたが、
    今では面倒でずっと箪笥の中です。

    いつでもどこでもジーンズでは風情がありませんね。
    今年は着物にチャレンジしようかな。

  7. yuris22 より:

    Manta様

    デジカメに花火モードがあるんですよ。
    まだまだ使い方に慣れてませんけど、事あるごとに
    持ち歩くようにしています。

  8. yuris22 より:

    たけぞう様

    この夏は友人のヨットがロングクルージングするのに
    載せてもらおうかと考え中です。
    新島、式根島へ行ってイサキ、マダイの入れ食いを
    楽しむそうですが、真っ黒に日焼けするのは必至。
    どうしようかなあ。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました