ユニフォーム・コミュニケーション

スポンサーリンク

横須賀線で帰ってきた深夜の逗子駅。
ロータリーのタクシー乗り場には、ひゅんひゅんとミツバチが帰巣するかのように黒いタクシーたちが飛び込んでくる。

私の順番が来て乗り込むと、運転手さんがブルーのアロハを着ていた。
「かっこいいですね!」と思わず褒めたら、笑っちゃう反論。

「とんでもない。無理やり着させられてるんですよ。ほら、逗子は今『まちいっぱいのハワイアン』ってのをやってるじゃないですか。
去年もやってたんだけど、アロハなんかどっかにやっちゃったよって言ったら、これ着ろって社長に渡されてね。どうせならもっと高いのをくれってんだ。」

そうか、町ぐるみのハワイアン運動だったのか!
小坪の郵便局でもスタッフが全員アロハだったわけが分かった。都市銀行の緊張感はなく、預金窓口もまったりモード。来る人みんな顔見知りみたいな親近感が漂っている。

まちいっぱいのハワイアン

夏の逗子を歩いていて気付くのは、げんべいの「○げ」Tシャツとアロハ人口が多いこと。
駅前のスタバでお茶していたら、隣のお兄さんとお揃な「○げ」だった事もある。
顔を見合わせてニンマリ。海が近い場所ならではのユニフォーム・コミュニケーションだ。

さて今夜は逗子海岸の花火大会。
第50回記念とかで、ラスト10分は5,500発の日本最大規模フィナーレが見られるという。
終わったら椰子の葉の屋根が目印な「VAHANAS BAR(バハナズバー)」で、ロコモコとマイタイかな。
気分はハワイ人たちが、日に焼けた足にビーサンで集まっていることだろう。

コメント

  1. besnow より:

    こんにちは~
    今日も東京は、あつ~うぃです(笑)
    東京こそ、ハワイアン運動をして欲しい!!!

    げんぺいのTシャツとビーサン。
    カワイイ~ですねぇ♪
    こうして、毎日・・
    yuris22 さんの伊豆での生活を拝見してますと
    もう東京にいるのがいやになります(笑)

  2. yuris22 より:

    besnow様

    東京のモア~ッとよどんだ空気。
    ビルからの熱気や車の排気ガスがミックスしてるんでしょうね。
    こちらに帰ってくると、深呼吸できる幸せが待ってます。

  3. こまちゃん より:

    かりゆしウェアではないんですねw
    どうせなら国産のシャツでやれば良いのにw

    >東京のモア~ッとよどんだ空気

    昨日は新橋で実感しました。

    こいち祭りを尻目に、明るい時間に立ち飲み屋へ。
    安いし早い!(美味しくは無い)
    何だか癖になりそうですw

  4. yuris22 より:

    こまちゃん

    逗子にはいつも同じ顔ぶれが集う立ち飲み屋があります。
    午後2時からオープンしてるのが人気みたい。
    イラストレーターのS.E氏も毎日来てます。

  5. 詩人たそがれ より:

    もう いっちゃってる時間かなぁ?

    「アロハ」は、ハワイに移民した日本人の着物が元祖と聞きました。
    古くて価値のある骨董的(ビンテージな)アロハは、日本の着物柄らしい・・・うる覚えです。

  6. yuris22 より:

    詩人たそがれ様

    私はプレスリーのレコードジャケットに載っているビンテー
    ジのアロハと同じ柄のドレスを持ってます。

    紅色のシルクに白いテッセン(クレマチス)みたいな花模様。
    確かに着物の柄に似てます。

  7. Manta より:

    タクシー運転手さんの無理やりアロハも見てみたかったですね。

  8. yuris22 より:

    Manta様

    本人は迷惑がってましたけど、見てる分には季節感が
    あって楽しいです。
    東京のタクシーにも広まって欲しいです。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました