アッパークラスのゴルフレッスン

スポンサーリンク

ランチを終えてパソコンに向かっていた午後12時半過ぎ、遊び人で名を馳せた往年のお坊ちゃまから電話があった。茅ヶ崎のゴルフ場でハーフラウンドの予約を入れたから行こうという。えっ、たった1時間の間に仕事を中断して、日焼け止めメイクと着替えをして、ゴルフバッグを用意して、逗子から茅ヶ崎まで行けというの?

月曜日なのに、134号線の有り得ない大渋滞。途中で道を間違えて行きつ戻りつの焦り。先を走っている彼の車に、「ナビの時刻では20分遅れになるんですけど」と連絡すると、「平気平気、安心してついていらっしゃい」と余裕をかました声が戻る。驚くことに茅ヶ崎ゴルフ倶楽部に到着したのは、予約時刻の1分前という滑りこみセーフだった。

そしてNO.1の310ヤード。「大丈夫大丈夫」につられて打ったウッドは芯に当たり、気持ちよいほどに真っ直ぐに飛んだ(落ちた地点はラフであったけど)。

セルフカートをひいて落下点に辿りつき、2打目を悩んでいると、「ウッドでもアイアンでも良いから、自分が失敗の少ないと思った方にしなさい」のアドバイス。結果はアイアンで手堅い1打を得た。すると「スコアは付けなくていいから、ウッドでもう1球試してごらん」と更なるアドバイス。その通りに試してみて分かったのは、下手くそなウッドはラフに飲まれて、ボールをゴロでしか飛ばせない。見栄を張って出来ないことはするな、賢く美しいフォームでエレガントに打てが、レディースビギナーに対する教えだった。

やがて最後の9ホール目は500ヤード・Par5。絶対に15打は超えると思っていた私が、奇跡的にも6打のワンボギー。「君が10打以内で入るかどうか、1,000円賭けよう」と言われたのを断ったのが、地団太踏むほどに悔やまれた。イギリスの上流階級のゴルフは、チョコレート1枚でも賭けるのが当たり前だそうな。肝っ玉が大きくなるためのレッスンなんだろう。

シャワーの後の夕食は、魚料理が美味しい和食屋のカウンター。「私もこんな小料理をやりたいな」と洩らせば、「やめときなさい」と即答された。
「2,000万円あくせく働いて店を出すなら、2,000万円かけて遊びなさい。君だったらその方が結果的には儲かるよ」が理由で、今日のゴルフコースの回り方にも共通点があるという。厳しく確実に大胆にエレガントにって、う~ん、まだまだ分からない。

目指せアッパークラスの引き寄せの法則は、ゴルフだけでなく、また次回へと続きます。

コメント

  1. ろばーと より:

    はじめまして、シンガポールからの書き込みです。
    確かに、遊びが仕事に貢献することが多いのは事実ですが、多くの方は、結果がでるまでに散財してしまうことの方が多いですね(笑

    当地シンガポールは、昼間からぶらぶらしている人があまりにも多いので、職業がとても気になるところです。

  2. muha より:

    ゴルフコースのメンテナンススケジュールはご存知でしたか?除草剤はドクです!シューズやクラブヘッドそれを磨くウェス等、ネコに舐めさせないようにお願いしますね(Agent Orange)

  3. yuris22 より:

    ろばーと様

    いらっしゃいませ(^^)
    逗子もシンガポール同様、昼間からアルコールを入れてぶらぶらしてる人が多いんですよ。Tシャツに短パンでビールを飲んでるのが、名のあるクリエーターやプロデューサーだったりします。開放的な風土には、自ずと自由人が集まるんでしょうね。

  4. yuris22 より:

    muha様

    除草剤の付着にまでは気が回りませんでした。
    与六はゴルフボールで遊ぶのが好きなので、使用済みのものは触らせないようにしなくちゃいけませんね。廊下でパットの練習はニューボールですることにします。

  5. ともりん より:

    粋な方ですね。
    さらっと重要なこと言われてますよね。

  6. yuris22 より:

    ともりん様

    仕事にせよ人間関係にせよ、行き詰った時に的確なアドバイスをくれる方です。話していると元気が湧いてくるので、短期集中型デート(?)をお願いしています。今回はゴルフ。運命のラウンドは来週の水曜日(9月15日)に迫りました。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました