猫と一緒に防災点検

スポンサーリンク

9月の声を聞くと、各地で防災訓練が始まる。うちのマンションでも昨日から防災設備点検が始まって、各戸で火災報知器のブザーが鳴り響いている。

いざ避難!という時、心配なのは猫を連れて外に出ることだ。日頃から逃亡のチャンスを狙っている与六は、鉄砲玉みたいにどこに飛んでいくか分からない。犬のようにリードをつけて歩く練習が必要だと思い、さっそく試してみることにした。

しかし期待は大外れ。買っておいた細いリードを装着したものの、転がって紐をガジガジ噛み、引っ張ってもテコでも動かない。犬なら喜んで従うのに、猫はなんと頑固な動物なんだろう。

リードをつけた与六1
リードをつけた与六2

外に出したら気分が変わるかもと、抱っこして連れ出してみた。地面に下ろすとまた抵抗。四足で踏ん張って意地でも動かない。なだめすかして散歩した距離は、近くにいるダンゴ虫に猫パンチするため、たったの10センチであった。

ぶっつけ本番で行くしかないな。リードを持ち出し用避難袋の中に戻し、ついでに中身の点検もしておこう。人間の非常食よりも猫の餌の方が嵩張っているのは、やっぱり親バカ?私は一日一食で我慢しても、愛猫にはひもじい思いをさせないよう、賞味期限のチェックも念入りにしている防災点検である。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました