地震予知は自分の周りの材料で

スポンサーリンク

ブンタンとオレンジを掛け合わせたという新種の柑橘類を友人から貰った。みずみずしい葉っぱ付き。食べるのがもったいなくて眺めていたら、どこから現れたか与六の出番だ。フンフンと匂いを嗅いで、手でチョメチョメ、もいだ葉っぱでホッケーをして遊ぶ。新しいもの、大事そうなものには必ず伸びてくる猫の手だ。

フンフン
チョメチョメ
ホッケー
ここしばらく緊急地震速報に怯える状況も遠のき、久々にのんびりした週末。与六の寝床は退避用の段ボール箱から、寝室のベッドへと戻った。動物なりに平穏のサインを出しているのかな。「まぶしいにゃん」と目を塞ぎ、大の字になって朝寝するお殿様に、側女の私はベッドの端っこを使わせて頂いている。

まぶしいにゃん
おはようにゃん
今日は雨が降っているので雲占いはなし。午前12時の気象衛星図で気になる箇所は、前から言い続けている北緯37度ラインと、秋田・青森・岩手の崩れさざなみ雲だ。

20110507午前12時JST
房総も静かすぎると溜めこんでいそうで不安だが、昨夜のMODIS画像を見ると、茨城南から千葉東にかけて、しっかりと細かいさざなみ雲が出ている。小さい規模で揺れてくれると一安心かな。

20110506MODIS
地震予知サイトの中には、5月11日までにM7~8.6の大地震が関東・東北地域に来るとして警報を発している有料サイトもあるが、計器だけに振り回されて実態を見ないのは如何なものかと思う。空と雲、風と気温、動物、植物、天気図等々、自分の周りに幾らでもある情報を活用して勘を養った方が、地震が起きても起きなくてもどれだけ納得がいくことだろう。

テーブルの上を陣取った与六は後姿がトトロになって、ホーホケキョと鳴く声の主を探している。私もパソコンから離れ、ニャンコと戯れる午後に戻ろう。

そしてトトロ

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました