作詞・コピーライト・文章

スポンサーリンク
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『シングルマザーと息子との三角関係』

今年の七夕は日曜日。付き合って2年になる恋人からホームパーティーのお誘いを受けている。集うメンバーは3人で、彼女、僕、そして小学校3年の星彦くん。年上でバツイチの彼女が溺愛するクソガキ・・じゃなかった一人息子だ。外でデートするのは楽しいけれ...
作詞・コピーライト・文章

半夏生のころ野に咲く花たち|乃東・菖蒲・半夏生草

二十四節気のひとつ、1年でいちばん昼が長い「夏至」を知っている人は多くても、七十二候の「半夏生」を口にする人は少ない。二十四節気を5日ずつ(初候、次候、末候)に分けた期間が七十二候で、絵画的な美しい言葉が多いのだ。 2019年の夏至は6月...
作詞・コピーライト・文章

明日の希望|梅雨は降り梅雨は晴るるといふことを

爽やかな5月と太陽ギラギラの7月に挟まれて、6月は中途半端な気候です。でも鬱々とした雨の時期があるからこそ、梅雨が明けた喜びが倍増します。高浜虚子の門下生、後藤夜半の詠んだ句が力をくれます。
スポンサーリンク
作詞・コピーライト・文章

「赤いやねの家」の引越しストーリーブログを始めました

原点に帰ることって、人生で何度ぐらい訪れるんでしょうね。元号が切り替わる節目に、自分を見つめ直して新たなスタートを切ることにしました。 始めたのはブログです。ファッションブログと美容ブログはこの2~3年書き綴っていますが、ネット上で飽...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『平均寿命100歳まで生きる私の恋愛』

2045年には平均寿命が100歳に到達すると、世界の研究者の多くが予測してるという。その頃は後期高齢者となっている自分を思い浮かべながら、今日が50歳の誕生日。占いによると7月7日生まれの女性は愛情深く、同時に多数の事柄を進行できる器用さを...
作詞・コピーライト・文章

40歳を過ぎてもアーティストオーディションを受けられる

私が最初に従事した職業は作詞家だ。でもその職業は演歌、アニソン、子どもの歌、CMソング、秋元康を除くと、昭和の名残りかもしれない。今は歌手本人が作詞・作曲をするのがほとんど。シンガーソングライターという呼び名すら死語となってしまった。 よ...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『七夕飾りの黄色い輪』

「うちの子、来年からは小学生なのよ。1LDKの借家から引っ越して、子ども部屋のあるマンションを買いたいと思ってるの。ほんとは専業主婦でいたいんだけど、早く頭金を貯めたいからね。主人と一緒にプランを練りながら働いています。もうすぐ課長に昇進す...
作詞・コピーライト・文章

書き下ろし短篇『雨がくれた贈り物』

まだ梅雨が明けない7月の夜は蒸し暑くて寝苦しい。仕事関係の飲み会で酔っぱらい、終電で帰宅できたのは良かったけれど、ハッと目覚めるとネクタイをしたままベッドに転がっていた。また、やっちまったか。 干からびた喉を潤そうとキッチンに行くと、蛇口...
作詞・コピーライト・文章

新曲が連れてくる春

雨上がりの空気がぬるんだ日曜日。なまった身体をほぐしにウォーキングに出かけたいが、締め切りに四苦八苦する状況から抜け出せない。明日は仲間内のミニ・パーティーがあるので、徹夜明けのゲッソリした顔を晒さないよう、早めに片付けたいところだ。 そ...
作詞・コピーライト・文章

スピーチ原稿を書く仕事

6年前このブログに「僭越ながらは謙虚か傲慢か」という記事を書いた。よく読まれているようだが、なぜ「僭越ながら」をテーマにしたかは、私のもう一つの仕事に関係しているからだ。 組織が年度切換えを迎える時期が近づくと、スピーチライティングが忙し...
作詞・コピーライト・文章

光源氏と紫の上が見た冬の月

暦の上で明日は、寒さのピークとなる大寒だ。今週はじめには首都圏でも雪が積もり、ますます冷え込みが厳しくなってきた。 清少納言は『枕草子』で「冬はつとめて」(早朝)と言っているが、そんな時間にベッドから出られない私は、紫式部が『源氏物語』で...
作詞・コピーライト・文章

日本語で『Blue Moon』を

7月2日に続いて、今夜は同じ月に2度目の満月。3年に1度の貴重な月は「ブルームーン」と呼ばれ、仰ぐと幸福が訪れると伝えられている。 昨晩は夜遅くになるにつれ、霞んでいた月がだんだんクリアになっていった。外に出てカメラを向けると、ぶれる...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました