「赤いやねの家」の引越しストーリーブログを始めました

スポンサーリンク
84306718509b1b79463863d657b80ea5_m

原点に帰ることって、人生で何度ぐらい訪れるんでしょうね。元号が切り替わる節目に、自分を見つめ直して新たなスタートを切ることにしました。

始めたのはブログです。ファッションブログと美容ブログはこの2~3年書き綴っていますが、ネット上で飽和状態になったアフィリエイトブログじゃなく、私にしか書けないコアなブログを書こうと思いました。

site2

赤いやねの家|15回引っ越したマイホームブログ

愛媛県西条市のお屋敷で生まれた私が、3~4歳のときに一家離散の夜逃げをすることになり、父母に連れられて引越しを重ねた数奇なストーリーを赤裸々に書くことにしたのです。

思い出話はこのブログの中に時折り挟み込んできましたが、雑記形式だったので他の記事に埋もれてしまいました。今回はターゲットを絞り別ブログとして、引っ越して暮らしていた場所の情景と、そこで知り合った人たちとの交流を書き記すのが目的です。

人生100年時代に入ったとマスコミは騒いでいますが、長生きできても頭がボケてしまえば、幼児のころに逆行します。でも私にはまだ時間が残っていそうで、この人生で溜め込んできた経験談をネット上に残すことにしました。

引越しして記憶に残っている地名が下。全部で13か所ですが、舞い戻った場所もあるので、引越しの回数は15回です。パッと見てどの県にある地名か分かりませんよね。その町で暮らしていた住人として、愛した地名がどんな場所にあったかを書いていきます。

小松、徳島、六角橋、片瀬、七里ヶ浜、田園調布、南馬込、自由が丘、碑文谷、津、目黒、恵比寿、逗子

久々に文章力が試されるとき。トレンドばかりに走っていた自分を戒めるためにも、これから皆さんの心に刺さる物語をお届けしますね。

コメント

  1. keiko より:

    赤いやねの家、歌うといつも涙がでてきます。
    すてきなストーリー楽しみです。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました