孤独死

プライベートライフ・生活

忍び寄る孤独病から脱するために

著名人・業界人・友人仲間

またひとつ訃報が届いた

ひとりごと

友人の訃報を受けて

「もしもし? あのね、Kさん亡くなったのよ」 先ほど友人から届いた訃報に、返す言葉が見つからなかった。 「やっぱり」と答えるのか「えっ」と驚くのか、予感が現実になったことへ即座な対応ができなかったのだ。 恵比寿に住んでいた頃、週に3回...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました