材木座海岸

作詞・コピーライト・文章

五感のアンチエイジング

優れた文章を書くにあたり、五感は欠かせない小道具だ。料理の良し悪しを決める調味料と言おうか、ストーリーに3Dの立体感が生まれる。読み手も体験した五感であればなおさら、共感が好感に進化する。しかし五感は常に研ぎ澄ましていないと、記憶の中だけは...
湘南・逗子・鎌倉

ビーチハウスに想う夏の恋

半袖が肌に馴染んできた6月の材木座海岸。134号線を走る車からは見えなくても、海水浴客を迎える夏の準備は着々と進んでいる。砂浜に停めたトラックからは木材が降ろされ、海の家作りが始まった。肋骨みたいな支柱が並び、職人たちが黙々と家の形を組み立...
草花・季節・旅・自然

ワカメのじゅうたんを歩く春

まだ2月の半ばだというのに、週末の湘南はTシャツでも過ごせる暖かさ。汗をかきながら材木座を散歩していると、サーファーが大きな海藻の株をぶら下げているのを見かけた。 海からの贈り物、ツヤツヤと薄茶色したワカメ(若布)である。さっと茹でれば鮮...
湘南・逗子・鎌倉

気が遠くなるまで飲んで食べる湘南のBBQスタイル

湘南で暮らす人間たちは、とかく集まることが大好きだ。どこかの店というよりも基本的には誰かの家。もっと大人数になればビーチに集まって、当然のごとくバーベキューが始まる。 まずはGWのお呼ばれ編。 材木座のアロハキューブが主催するBBQ...
湘南・逗子・鎌倉

2月の逗子マリーナから見る一生に一度の夕暮れ

夕方5時のチャイムと共に、ある予感がしてカメラを手にした。 急いで車に飛び乗り向ったのは、逗子マリーナの端にある小坪鮫島公園。 今ならまだ間に合う。ダウンを羽織って相模湾を望むビューポイントへ走る。 予感は的中して、世にも美しい夕...
プライベートライフ・生活

さくら貝とアロハ枝豆

なかなか夏がやってこない材木座海岸。デジカメを持って夕暮れの散歩に出かけてみた。 光明寺近くのバス通りで、かわいい100円ショップを発見。民家の軒先に店を出した「無人さくら貝屋」だ。ビーチを歩いて拾い集めた宝物の売れ行きは? 写真だ...
音楽・楽器・歌・映画

材木座海岸|海の家でジャズライブ

午後から晴れてきた日曜日に、友人から電話。 材木座にオープンした海の家で、ジャズのライブがあるという。 神奈川県内で一番早く海開きした材木座海岸は、思ったよりは人出が少なめ。 お盆の時期以外は、ウインドサーファーと海水浴客が同じエ...
プライベートライフ・生活

材木座海岸で写真日記

梅雨に入ったというのに、らしからぬ青空に白い絹雲が浮かんでいる。午後1時の逗子は気温25℃、南南西の風5mで、散歩に行かなくては後悔するデジカメ日和だ。 ノースリーブのTシャツにキャップを被り、材木座海岸を撮りに行ってきた。 逗子マ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました