気が遠くなるまで飲んで食べる湘南のBBQスタイル

スポンサーリンク

湘南で暮らす人間たちは、とかく集まることが大好きだ。どこかの店というよりも基本的には誰かの家。もっと大人数になればビーチに集まって、当然のごとくバーベキューが始まる。

まずはGWのお呼ばれ編。
材木座のアロハキューブが主催するBBQは小雨模様でのスタートだったけれど、いつも海に入っているサーファーたちには「そんなの関係ない!」。
テントを張り幾つもの焼き台をセットして、100名のゲストを予想したBIGパーティーだ。

BBQ開始
肉焼きまーす

砂浜のステージではウクレレの演奏が始まり、CDデビューが決まった子供たちの歌、おやじバンドの加山雄三メドレー、三味線とウクレレのコラボ、少女たちのフラダンス・・と、取り囲むみんなから拍手が沸き起こる。

ウクレレ
デビュー間近
おやぢバンド
フラガール
振り向けばビーチ

傍らでは泥んこになって遊ぶ子供たち。肉の匂いに誘われて「腹減ったワン!」と走り回る犬たち。ウエットスーツに着替えた若いママが友人にベビーを預け、誰の家族とも関係なくパーティー全体が大きなファミリーだ。

子供たちと犬
いい匂いだワン
腹減ったワン

振り向けば海を滑るスケーターみたいなウィンドサーフィン。空を仰げば誰かがジョーズの形をした凧をあげている。
お腹いっぱい、まったりのんびり、どこまでも平和な午後が過ぎていった。

次はGWのお招き編。
恒例になりつつある我が家でのBBQは、グルメ自慢のゲストたちが食材とお酒を持ってやってくる。レストランのオーナーたちも参加して、焼き加減や味付けにはチョイうるさい。

慣れた手つきでサザエのお刺身を作ってくれるKくん。「モエを持ってきました」とシャンパンボトルを差し出すSくん。山口県のお土産・鯨の珍味を披露するK画伯。
階下にタクシーが止まり最後のゲストが登場すると、待ってましたの歓声と拍手。グラスに乾杯のお酒を注ぎ始める。

乾杯の準備
ゲスト到着

BBQグリルでの今日の花形は、ハーブに漬けた大きなラムレッグ。焼けたところからナイフで切り取って、そのまま口に運ぶのは焼き係くんたちの特権だ。
サザエが焼きあがるのを待ちきれず、K画伯がパレットを広げてデッサンを始める。

BBQ用のラム肉
さあ焼き開始
アートなBBQグリル
サザエとチョリソ
絵になったサザエ
サザエとチョリソ2

何種類のお酒、何本のボトルが空いただろう。
テラスでダイニングでリビングでキッチンで・・、相手をとっかえひっかえお喋りの輪が出来る。どこに居てもみんなに共通するのはハートが綺麗なこと。

テーブルで舌鼓
酔ってます

連休が終わっていつもの朝がやってくれば、辛い事もあるだろう、腹が立つ事もあるだろう。
そんな時にはきっと支えあえる仲間たちが、これからの人生の財産になりつつある。

コメント

  1. 素浪人 より:

    大地、海、地球、人々・・・何と言っていいのか、
    私には言葉が見つかりませんが、このBBQは最高ですね。

    (ハンカチを噛みながら)
    だ、だけど・・・どうして、どうして??
    私には「お招き」が無かったわよ!!

  2. yuris22 より:

    素浪人様

    あら、ごめんなさい

    お招きするのは、へべれけになっても歩いて
    帰れるご近所さんに限定しております。
    (注:ドンペリやヘネシー等を差し入れてく
    ださる方は除く)

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました