禁煙条例に賛否両論

スポンサーリンク

行きつけの居酒屋で、女将さんが憤っている。理由を聞けば「これ見てよ!」と新聞記事の切抜きを差し出した。

その記事とは、賛否両論を醸し出している「神奈川県公共的施設における禁煙条例」案。
県のホームページを見てみると、県民の意見を募集する「パブリック・コメント」が5/23まで実施されている。今のところ反対意見の方が若干上回っているらしい。

この条例は松沢知事が再選を果たした昨年、マニフェストとして筆頭に掲げたものであり、公共施設の定義には駅や野球場といった屋外施設だけでなく、居酒屋・パチンコ店など屋内施設も含まれる。
違反すると施設管理者だけでなく喫煙者も罰則の対象になるというから、両者から「いじめだ」の声が上がるのも分からなくない。

喫煙禁止のオフィス、路上、駅を我慢しながら辿りついたカウンター。
生ビールを注文して煙草に火をつける。フーッと吐き出す紫煙と共に、今日のストレスを吐き出す。そんなお父さんのささやかな寛ぎも「お客さん、捕まっちゃうから止めてください」では居場所すらなくなるだろう。

6人座れば満席の居酒屋でのエピソード。
常連のヘビースモーカーがやってくる前、彼をどこに座らせるかで談義が始まった。
換気扇のある場所、煙の流れる方向をチェック。彼が火のついた煙草を灰皿に放置した場合は隣の客が消そう・・とまで段取りを組む。
本人が登場したときには拍手が沸き起こるほど、準備万端で待ち受けていた。
「条例が通ったら、この店は会員制にすればいいんだよ」
誰かの提案に全員が頷く。

私は煙草は吸わないけれど、気遣いの出来る愛煙家なら目くじらたてるつもりはない。
江戸しぐさに出てくる「傘かしげ」のように、吸う人・吸わない人がお互いを思いやるマナーが大切。「思いやり」が太陽なら「条例」は北風なのだから。

コメント

  1. 亀吉 より:

    >「思いやり」が太陽なら「条例」は北風なのだから。

    うまい、その通りです!
    私も店をやっていますが、喫煙者と嫌煙者の兼ね合いに頭を悩ませています。
    お互いの「思いやり」で乗り切っていきたいですね。

  2. yuris22 より:

    亀吉様

    座布団一枚ありがとうございます(^_^)

    亀吉さんのお店が全面禁煙になったら、店主自ら罰則対象ですねぇ。
    あ、既に会員制だから大丈夫かな(笑)

  3. 素浪人 より:

    私も肺に覚えがある身、でも今はすっかり嫌煙派。

    しかし「飲酒運転」とは違うよね。なんでも法律にすれば解決するとは思えんな。

  4. yuris22 より:

    素浪人様

    嗜好の問題まで法律で規制していいものか、ですよね。
    そのうち「喫煙運転禁止」になる世の中が来るのでしょうか。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました