金猪年とCEO

スポンサーリンク

「The CEO of *** will arrive Tokyo on 29.4.07(sunday) evening and check in the same Hotel till 3.5.07. Would you like to join us ?」

風水師のMaster Kohからの呼び出しで、昨夜はシンガポールからのゲストと天麩羅屋に行った。
日本で言うなら三井か三菱かという世界的なホールディングスの御曹司。1960年から続く宝飾品会社のCEOである。

果たして私が役に立つのか、日本企業に興味があって話を聞きたいとのこと。
Singaopore EnglishのヒアリングにはMasterだけでも四苦八苦なのに、CEOと副社長を含め相手は3人だ。大物相手に聴いて喋って考えて、頭がフル回転。
車海老はいつ食べたっけ? 出てきた天麩羅のネタに構っている暇はない。

CEO1

ビジネスアイデアを提案すると、場は大いに盛り上がって赤ワインで乾杯の嵐。
「あなたにいい物をあげましょう」と、CEOは赤い封筒にサインをする。
パッケージに「金猪扱喜」と書かれた、おめでたいコインのセットを頂いた。

CEO2
CEO3

「金猪」とは何て偶然!
SNSで知り合った女友達に、「今年は金猪年なのでラッキーなことが起きるはず」と昨夜メッセージを送ったばかりなのだ。
金猪年は60年に1度巡ってくる大チャンス。中国ではこの年に生まれたベビーは一生金運がついて回るとも言われて、出産ブームが起きるほどだ。

スピリチュアルな感覚が湧いてくる。質問すれば「その通りだよ!」と身を乗り出すThree Menは、まさかカードリーディングに出てきた3人のジャック?

「大金持ちをにランチに誘え」もとい「大金持ちにディナーを奢られる」シリーズは、日に日にグレードアップしていく。

コメント

  1. さくら より:

    はじめまして。
    数日前にこちらにたどり着きぼちぼち読ませていただいています。

    他の方のブログで知った言葉なのですが、
    中国では数ある縁の中でも特別ポジティブな作用を齎してくれた人のことを「貴人」と言うそうです。
    この風水師の方はブログ主さんにとってまさしく「貴人」ですね。

  2. yuris22 より:

    さくら様

    いらっしゃいませ。

    「貴人」とは徳のある人のことを言うんでしょうね。
    確かにMasterは私の運を引き上げる仕草を度々しますし、
    強い波動を与えてくれます。

    心配をかけてばかりの私ですが、とても大切な家族です。

  3. さくら より:

    レスありがとうございます。
    運を引き上げる仕草・・・。
    どういったことなのか色々想像が膨らみます。

    私も最近「貴人」と言える人(風水師の方なのですが)に出会う機会があったのですが、
    本物だと感じる人って本当はごく一握りでしかないんだなと感じています。
    そして、それを見極める目が自身にも必要なんだなと。

  4. yuris22 より:

    さくら様

    ブログを読んで頂いての通り、右へ左へ落ち着かない私でございます。

    それでも最近わかってきたのは、頼るべきは自分だということ。
    正しい方向を見極めて、そのチェック機能として風水が役立つのかも
    と思っています。

    Master kohは私の心を映しだす鏡です。
    血は繋がっていなくても、そんな家族がいることに感謝しています。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました