秋谷海岸のBBQパーティー

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク後半は湘南。
店舗プロデューサー&空間デザイナーのM氏からのお誘いを受けて、昨日は秋谷海岸でのBBQパーティーに参加した。彼の別荘の下で行うこのパーティーは、西麻布の「DRUNKARD」という店が主催する年中行事だという。

葉山に住む女友達と待ち合わせて、立石に1時ごろ到着。
ビーチを歩くと、デッキシューズに砂が入り込む感覚も久しぶりだ。
さーてどこかな? BBQのグループが何組かいる中をキョロキョロ探して、あっいた! 
ビール片手に談笑するM氏を発見した。
スタッフの皆さんに挨拶して、私たちも冷たい1杯で乾いた喉を潤す。

秋谷BBQ1
秋谷BBQ2
秋谷BBQ3

海から反射する日差しは既に夏だ!
日陰を求めてテントの中に移動してみても、背中がジリジリと熱い。日焼け止めを塗ってこなかったことを後悔すると、「こっちに住むんだったら覚悟を決めなきゃ」とロコのアドバイス。
焼きあがってくるチキン、マトン、えぼ鯛、焼きそばをつつきながら、シャンパン、赤ワイン、白ワインとドリンクも進む。

お喋りに花が咲くあいだに夕暮れが近き、酔い覚ましの散歩をした。
変わった形の流木を拾っては見せ合い、バッグの中に放り込む。真ん中に穴の開いている流木は、お香立てに使えそうだ。こんな宝物が増えていく小さな幸せは、湘南ならではである。

流木
秋谷の夕日

2次会はM氏のオープンキッチンで、お手製のペンネを頂いた。
ピリ辛のアラビアータと、オリーブのさっぱりペンネは極上の美味しさ。あっという間にお皿が空になる。

ペンネ

ますます盛り上がった私たちは「よし!次行こう!」。
津久井浜に住んでいるプロスキッパー(彼は作家でもある)の家に押しかけることにした。
空には大きな満月、八十八夜だ。
三浦半島を横断しながら、まもなく始まる湘南生活に期待が膨らんでいく。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました