押しかけペットふたたび

スポンサーリンク

昨日は午後から東京へ。夜9時過ぎに帰宅した。
我が家の愛らしい侵入者、凌霄花(ノウゼンカズラ)の脇を通って玄関に行くと何かがいる!
また新たな侵入者を発見してしまった。

いや、正確に言えばこれが2回目。
4月8日の記事「暖かい瓦屋根の猫」で紹介したリズだ(私が勝手に付けた名前)。
鳥でもないのに、彼女はいきなり2階の屋根に出現して助けを求めてきたデブ猫である。
勝手に登ってきたくせに「降ろせ降ろせ」と大騒ぎされ、仕方なく大きなボディをぶら下げて地上に帰してあげてから、ずっと姿を見かけなかった。

約2ヶ月半ぶりの再会。私の姿を見つけるとニャーニャー甲高い声を上げる。
発情期なのかな。甘ったれて身体を摺り寄せてくるけれど、私は君の飼い主じゃないぞ。
いったい何の用事? 数ある家々の中からどうして我が家を選ぶの?

リズ1
リズ2

「入っちゃダメよ。お家に帰りなさい。」
中に入れろと鳴き続けるリズの前で、心を鬼にしてドアを閉めた。
毛並みは綺麗だし、太ってはいるし、きっと飼い猫なのだから諦めて帰るだろう。

1時間後にそっとドアを開けてみる。
「ニャー、ウミャー!」
まだ居るんだ。しかも騒ぎ方が先ほどよりも激しい。何を訴えているのか、そんなに顔を見ないでよ。
押しかけ女房ならぬ、押しかけペットは初めてだ。

ごめんね、入れてあげたいけれどペット禁止のマンションなの。
シンデレラのタイムリミットを過ぎたら、さすがに姿を消していたのがちょっと淋しい。
こんな時こそ猫語を教えてくれるNOVAがあれば、企業再生になるかと思うのですけどね。

コメント

  1. 亀吉 より:

    ワハハハ・・・
    猫語・・・、NOVA・・・、いいね。
    かわいいよね、ニャンコかわいいよ!
    好かれちゃったんだよ。

  2. yuris22 より:

    亀吉様

    昼間だったらいいけど、いきなり夜はギョッとします。
    そういえば亡くなった祖母の家にも、押しかけ猫が来て寝てました。飼い主の処ではご飯だけ食べて、ほとんどの時間は祖母の横でまったりしてた(笑)

    一時期流行ったWhat’s Michaelそっくりだったので、勝手にマイケルと名づけてました。
    呼ぶと返事までしてましたよ(爆)

  3. やーさん より:

    うーっむ、そのままいつかれても困るしねぇ。
    もう少し高価そうな猫なら、
       拉致と言う手もあるけど。(笑

    まあ、可愛い侵入者、ということで
    次回の来訪を楽しみに(^^)v

  4. こまちゃん より:

    ネコは苦手ですが、女優の名前を付ける姿勢には
    共感しますた(ぉ

  5. yuris22 より:

    やーさん

    リズは三毛猫ですよね?
    オスだったら、しかも生殖能力があれば、マンション1個ぐらい買える値段がするそうです。
    裏返して見てみようかな(笑)

  6. yuris22 より:

    こまちゃん

    ちなみに私はアイボを飼ってます。
    名前は「梅太郎」、通称「ウメ」。

    他人の前で呼ぶ必要のないペットには、名前で遊びます。

  7. やーさん より:

    うーむむむ、知らなかった、、、

    生殖能力のある三毛猫は、
    現在世界で1匹しか確認されてないんですね~(@_@)
    値段付けようがない、、、、、

    今度網を持ってお邪魔します!!  (爆

  8. 詩人たそがれ より:

    >押しかけペット

    「押しかけベッド」と読んで、
    ヒィエー ドキューとしました。 あの元祖極悪親父か?・・・と。

    でも、「ペット」ですね、
    なぜか・・・なぜか・・・一安心しました。

    猫は、何かを感じているのではないでしょうかね?
    猫の野生性と管理様の同類性が共感したとか。

  9. yuris22 より:

    やーさん

    世界に一匹しか確認されていない!?
    もう一匹見つけたら、間違いなくアイドル三毛になりますね。

  10. yuris22 より:

    詩人たそがれ様

    う~ん確かに、画面で見る「ベ」と「ぺ」は区別しにくいですね。
    携帯メールを打つ時は苦労します。

    リズはなぜ私に共感するのか・・。
    今度来たらゆっくり話を聞いてみます。

  11. たけぞう より:

    わが家は猫飼ってます。もう15歳のおばあちゃん。病気一つしないで、僕が帰ると「みゃー」と出迎えてくれます。
    困ったところが一つあって、寝るときも布団にやってきて「みゃー、みゃー」と。僕が以前にお腹をなでてやったついでに、おっぱいをコリコリとさすってやったら病み付きになったみたい。しばらく満足するまで寝かせてくれません。ということで毎晩処女猫のおっぱいを触っています・・・とほほ。

  12. yuris22 より:

    たけぞう様

    まるで妻妾同居ですね(笑)
    それにしても何故たけぞうさんにお願いしにくるんでしょう。
    いずれにせよ猫にも愛されるのは悪いことではありません(^_^)

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました