あと2週間で忘年会が終わる

スポンサーリンク

弱い雨の降る東京。昨日は渋谷で原稿打ち合せのあと大手町サンケイビルで会議、そして水道橋の「庭のホテル東京」にて忘年会があった。水道橋は東京ドームにしか来たことがないが、日大経済学部の裏側に和風モダンなホテルが出来ているとは知らなかった。

庭のホテル

「縁(ゆくり)」というレストランを貸切にして、午後6時から忘年会のスタート。主賓の到着を待ちきれず、恒例となった「乾杯の練習」が始まる。さすがに皆さん忘年会が続いて疲れがピークに達しているのだろう、スピーチはコケる、お酒はこぼす、眠りはじめる、徘徊する(?)等々、お開きの一本締めだけが最も元気な宴会であった。

前菜
お椀
お造り
焼き物
煮物
炊き込みご飯

このあと数名で2次会をして、薄いウーロン割りを2杯飲むのが精いっぱい。東京駅から22時47分発の久里浜行きに乗った。時節がらグリーン車は満席だろうと思っていたら、品川駅でも空席がチラホラ。乗客たちの8割は座った途端に爆睡モードへ入り、特に私の後ろのサラリーマンのイビキは凄かった。「ンゴゴゴゴ!ンガッ!」、誰もが一斉に振り向くほどの猛獣の雄叫び(?)が窓ガラスを振動させて響き渡り、しかも無呼吸症候群。束の間の静寂にホッとしたところへ「グワッ!!! 」と追撃が飛んでくるのは心臓に悪い。

恐がって泣きだす幼児まで出た深夜のコンパートメント。iPodのイヤホーンの上にニット帽を深々と被っている隣の客を真似て、私もバッグにしのばせたiPodを必死に探した。こんな時にはローリングストーンズ。”Jumping Jack Flash”の音量を上げて”But it’s alright now♪”と口パクで歌ってみる。やがて戸塚駅で飛び起きた猛獣は蹴つまづきながら、ドタンバタン大音響と共に電車から飛び出していった。

さあて今夜も恵比寿でクリスマスパーティー。キャビアよりは焼きタラコのお茶漬けが食べたいと思いながら、とりあえずあと2週間頑張れば忘年会ラッシュが終わってくれるのは確かである。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました