台風去って風邪も去る

スポンサーリンク

台風18号が去った。「こちらは防災逗子です。大雨洪水警報ならびに暴風警報は解除されました。」のアナウンスが流れ、高い青空と鳥の鳴き声が戻ってきた。ピーヒョロロと旋回するトンビが、嵐の去った下界の食べ物を探している。風が止み、動かない落ち葉を見張っている与六は、背中に太陽の熱を集めて満足げだ。

DSC_0581
DSC_0580
今朝は明け方から雷と猛烈な雨音で目が覚め、防災無線からは「・・・土砂災害・・・小学校へ避難して下さい。」と途切れ途切れの避難勧告が聞こえる。9時前には暴風域に入って、窓ガラスがドーン!としなる音にビクビク。我が家は洪水や崖崩れの危険はないけれど、標高35メートルで雨戸のないマンションは、強化ガラスであっても飛来物が当たれば割れる心配があるのだ。

DSC_0569
DSC_0573
しかし今回は10時半を回った途端にピタリと風雨が止んだ。台風の目に入ったのでもなく、どんどん天候は回復。2011年9月に来た台風15号に比べるとあっさりと終った。とは言え鎌倉では若宮大路が浸水したというニュースが流れて、短時間でも被害は大きかったことが伺える。

DSC_0585
そして不思議なのは台風一過と同時に、2週間苦しんだ風邪がスカッと抜けたこと。しつこく残った咳と鼻水が止まり、身体も軽い。風邪とは「体内の毒を一掃するデトックスだ」と聞いたことがあるが、お昼からは久しぶりに食欲も戻ってきた。一週間前のお月見パーティーにはフラフラの体力で参加して、皆に「なんかゲッソリしていない?どうしたの」とご心配をおかけしたのが嘘のようである。

深い眠りから醒めたみたいに、気付けばもうハロウィンのシーズンだ。カレンダーは残り3か月。とりたててビッグニュースもないまま過ぎてしまった9か月を取り戻すべく、今から巻き返しを図らねば。暴風に負けず、どこからともなく香ってくる金木犀にアロマパワーを貰いながら、秋の再スタートを切ることにしよう。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました