フラワー・ミステリー2

スポンサーリンク

いつからか我が家の軒先に女の子が居座っている。
どんな嵐が来ようと負けずに元気。日に日に居場所を広げていく。

僕が玄関を出るたび、待ち構えたように喋りかけてくるその子。
「寝坊? 走らないとバスに遅れるわよ。」
「元気ないなあ。朝ごはん抜きでしょ。」
いつも近くにいてくれて可愛いけど、友達以上は無理。
クラス替えのたびにまた一緒になる、お節介な同級生みたいだ。

ヒルガオ

あのさ、僕には気になっている女性がいるんだよ。
君とルックスは似てなくもないけど、もっとずっと大人の女さ。
息が止まるくらい綺麗なのに、いつも恥ずかしそうに下を向いてる。
その奥ゆかしさが、男心をそそってセクシーなんだ。

エンジェルトランペット1
エンジェルトランペット2

「あの人には毒があるのよ。近寄っちゃダメ。」
軒先の同級生は不安げに忠告するが、僕はあの彼女に魅かれていく。
どうしても触れてみたい欲求が日に日に募っていく。

生暖かい風が吹く夜。赤い満月。
怪しい香りに誘われて、フラフラと彼女の下に立つ。
膝を折り、顔を見上げ、ゆっくりと唇を近づけていく。
そこで途切れた記憶・・・。

エンジェルトランペット3

どれだけ時が流れたのだろう。
今までどこにいたのだろう。
もしかしたら僕は、竜宮城の夢を見ていたのか。

エンジェルトランペット4
エンジェルトランペット5

ぼんやり両目を開けると、軒下から懐かしい声が話しかける。
「あの女は私が枯らした。もう二度とあなたを放さないわ。」
そこには緑の蔓(つる)が巻きつき、がんじがらめになった僕の身体があった。

ヒルガオ2

キャストの説明:
「軒下の同級生」
昼顔(ヒルガオ)。
春から秋まで、日当たりのよい道端や庭先に生える多年生の植物。
蔓(つる)は他のものに巻きつき2mほどになる。
観賞用にされることは殆どない雑草。はびこると中々除去できない。
花言葉は「優しい愛情」。

「毒のある大人の女」
木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)。別名エンジェル・トランペット。
夏から秋まで、ラッパ形の大きい花が下向きに咲く。
花の部分に毒素を含む。
食すとせん妄、幻聴、意識喪失、興奮、錯乱などの症状を引き起こす。
花言葉は「偽りの魅力」。

「僕」
あなたの油断。

  

コメント

  1. こまちゃん より:

    研究者でもあった、昭和天皇が
    「雑草という草はない」
    という名言を残しておられるそうで。
    美しいモノは美しい!で宜しいですよねぇ。
    毒があったって、中毒を起こすのはコチラの都合だし。
    まぁ、花は食べないけど。w

  2. yuris22 より:

    こまちゃん

    華岡青洲は朝鮮朝顔から内服全身麻酔薬を作り、日本で最初の乳癌摘出手術をしたそうです。
    毒も使う人によりけり。

  3. やーさん より:

    毒素にやられるのも嫌だけど、
    がんじがらめも嫌だなあ、、、、、

    どこか「僕」に救いは無いのでしょうか?   (笑

  4. yuris22 より:

    やーさん

    救いの前に・・。
    近寄らなければいいのです(爆)

  5. やーさん より:

    信じる心を 私に残しておくれ
    あやまちは長く 心に残るけれど
    風のような愛を 逃してしまうことは
    もっともっと長く 私を苦しめる

    この情熱が 私をいつわらないなら
    私たちはいつか ビアーナへゆこう ♪

    1975年頃 長谷川きよし 歌
    作詞は誰だったかなあ、、、、、(笑

  6. こまちゃん より:

    >作詞は誰だったかなあ、、、、、(笑

    >あなたの油断。

    並べてみるのも面白いwww

  7. たそがれ より:

    「愛してる」といいたい!

    なぜ、人は「恋」「愛」が区別できないのだろう?

    私は、やっと気付く事が出来た。
    いや 気付かされてしまった。

    人生の課題と理性では理解できるが、
    なぜ、伴侶を決める時に、彼女と出会える人生では無いのか?

    私は、この「神の気まぐれ」を許せない・・・。

    I Love you・・・。

  8. yuris より:

    誰とは言いませんが・・・

    みなさん、痛みを持つ詩人なのですね。
    (こまちゃんを除く)

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました