逗子の空から届くメッセージ

スポンサーリンク

逗子に住むようになってから、空の写真を撮ることが好きになった。

交互に上り下りを繰り返す太陽と月。
見上げるたび振り向くたび、形状を変える雲の広がり。
時間で塗り変わる紅、水色、濃紺のシルクスクリーン。

小坪の雲1
小坪の雲2
小坪の雲3
小坪の雲4
小坪の雲5
小坪の雲6
小坪の雲7
小坪の雲8
小坪の曇り空

風水師のMaster Kohがこの家を見に来たとき、カーテンや障子を指差して「open,open!」と何度も言った。
窓から見える天然のエンターテイメントを、どうして遮る必要があるのかと。
同じように心の窓も常に開けておかないとダメだよと。

小坪の日の出
小坪の夕暮れ
小坪の月

台風一過。今日の空を撮ってみた。
毛を刈り時のヒツジたちみたいな雲が、山の端ぎりぎりを流れていく。

台風一過の小坪

一匹一匹に名前をつけよう。
anger,sorrow,jealousey,doubt,fear,envy,confusion,regret…。
嫌な感情たちの塊が、風のホウキで飛ばされていく。
駆け抜けた台風が、ついでに心の大掃除もしてくれたらしい。

逗子市12:00の気温は23.3℃。風向きはもうすぐ南に変わる。
もう一度カメラを向けた空からは、すべての雲が消えていた。

コメント

  1. やーさん より:

    >anger,sorrow,jealousey,doubt,fear,envy,
    >confusion,regret…

    人生ですね。

  2. 髪結いの亭主 より:

    今日は、ちょっとみかんを食べに山に行って来ました。
    今年のみかん、柿はおいしいですよ。

    数年通って初めてですが、
    なんと! 「アケビ」が豊作でした。
    しかも、甘さも初めて味わう「アケビの本当の甘さ」でしたよ。

    山を散策するのに、暑くて汗をかきました。
    10月末だと言うのに、喜んでいいのか?
    ちょっと複雑・・・?

  3. シンジ より:

    yuri様が空の写真…
    僕が好きなひとも空の写真をblogにのせますが…
    同じように撮影してるハズなのに伝わるものがちがう事にびっくりです
    そちらから時間の流れが穏やかな感じがうかがえます

  4. Grayman2006 より:

    “3 by 3”に配置された、美しい写真に魅せられました。
    この雄大な情景は、ポートフォリオ状態になって“美しい詩を吟じて”くれている様です。

    台風が嫌な感情たちの魂をふきとばした…、のですね(^^♪
    雲が吹き飛んで…、満天の空が現出する……(^^♪
    何とも、心地よい読後感です。
    雄大な詩と心地よい読後感に…、I’ll boost your rank through my click.

  5. yuris22 より:

    やーさん

    そう、そんなマイナス波動を追い払うために気功を始めました。
    「健全な肉体に健全な精神は宿る」の実践です。

  6. yuris22 より:

    髪結いの亭主様

    えーっ、こちらではまだ蜜柑は緑色ですよ。
    イチョウも傷んだ葉以外は緑一色。

    寒さは苦手だけど、季節を先取りする場所は、切なくも羨ましいですね。

  7. yuris22 より:

    シンジ様

    カメラ使いのテクニックがまだ追いつかないのですが、空が語る風景が
    力不足をカバーしてくれます。

    同じ場所から撮る1年分の写真が溜まったら、またここに並べてみたいと
    思っています。

  8. yuris22 より:

    Grayman2006様

    今月初めに見た岩手の空よりは劣るけれど、日々に愛着が増していきます。
    星座も指差して名前を言えるようになりました。

    絵筆を持つ「神の手」に感謝です。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました