ラッキーナンバーとアセンション

スポンサーリンク

先日、タワーパーキングに停めた車を出したときのこと。スタッフが嬉しそうに教えてくれた。
「すごい偶然ですね! この機械は2号機で、ゴンドラの番号が2で、お客さんの車のナンバーが2222。今日はきっと良いことがありますよ」。
既にその前日(パーキングに車を入れた日)、何かに導かれるような幸運に出会っていたので、「ありがとう!」と感謝の笑顔を返した。

風水の師匠であるMaster Kohに「君には愛を司る使命があるから、2人を意味する『2』をラッキーナンバーにしなさい」と言われたことで、何かと「2」という数字を好んで使っている。
クジをひく時にも「2」の倍数を選ぶと、当たる確立が高いから不思議だ。

そんな「2」にまつわるエトセトラ。私の誕生日は12月22日の冬至。
例えば易や風水、四柱推命などの東洋哲学で「冬至」は大きな意味を秘める日。陰極まりて陽となす、太陽パワー復活の日なのだ。
しかも私の守り本尊は太陽神の息子「光り輝き、遍く照らす」の大日如来で、パワーストーンのブレスレットには大日如来の梵字が入った水晶を入れている。

驚くことがもうひとつ。
2012年に地球が5次元にアップするというアセンションで、時間がゼロポイントを迎える日付も12月22日。この時に向けて今年の冬至から、大きく地球の波動が変化していくという。
アトランティス以来、無数の魂が待ち望んでいた13,000年ぶりのアセンション。
宇宙からの手助けに、染色体を3本持つ子供たちも生まれ始めているらしい(彼らは癌になることがないそうだ)。

スピリチュアルな感覚に目覚めている人たちもどんどん増えて、あの経営コンサルタントの大御所・船井幸雄氏でさえ『可能性60%以上!! もうすぐ次元上昇か』という本を今年9月に出版している。
『どうやら、「次元上昇が起こる時代に、世界の最先端を走っている日本はすでに入った」ように思えるのです。・・ともかく読者には、本書内で私の記すことを、事実として知ってほしいのです。そして、希望をもって生きてほしいと思っています。』(船井幸雄『もうすぐ次元上昇か』:まえがきより抜粋)

聖書の予言、ホピの予言、ピラミッドの予言が集中している2012年12月22日。この日は古代マヤ暦とも一致する。

ぼんやりしている暇はないと、何かに後押しされるこの頃。
自然の「気」をより近くに感じるため、今日から屋久島へ旅行する。
地球に根を張って長生きしてきた屋久杉たちから、アセンションのヒントを得られるか、期待が増す旅となりそうだ。

コメント

  1. さくら より:

    お久しぶりです。
    たまたま私も少し前にラッキーナンバーについて言われたことがありました。
    私の場合は使用している携帯電話の番号について言われたのですが、
    数字って運命にかかわってくるみたいですね。
    風水って奥深いなと感じている所です。

  2. 髪結いの亭主 より:

    あァ~憧れの屋久島、縄文杉たち

    そして巫女さま、われにもお教えください。

  3. yuris22 より:

    さくら様

    宝くじ当ての名人も、気長にラッキーナンバーの数字を買い続けたそうです。
    私の好きな「2」は、発音したときに口角が上がって、ニッコリ顔になるのも
    気に入っています。

  4. yuris22 より:

    髪結いの亭主様

    屋久島発、早起き投稿。
    ホテルのパソコンから情報を送りますね。

  5. さくら より:

    思っている以上に数字の持つパワーや影響力ってすごそうですね。
    面白いお話をありがとうございます。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました