逗子市小坪でアジサバ釣り|イケメンフィッシングチーム

スポンサーリンク

9月に入って、これから1週間は遅めの夏休み。
その皮切りに逗子の仲間たちと船釣りに出かけた。総勢9名、レストランやバーのオーナーたちや、某大型スーパーの店長、デザイナー、不動産屋の社長、元ジャニーズ等など、ゆうき食堂のKくんがリーダーのイケメン・フィッシングチームである。

小坪港では2番目に速いという椿丸(これまたイケメン船長)を借り切って、カイワリ・アマダイを狙うダイナミックな作戦は朝7時からスタート。
意気込む矢先に船長からの指令は、なんとお土産用タコの下ごしらえだった。

椿丸
本日貸切

昨夜、タコ壺から取ってきたという生きているタコたちを「ひっくりかえす」作業。頭の部分を裏返して、内臓を捨てて鮮度を保つのである。
「放っておくと逃げ出すから気をつけてくださいよ」と言われ、みんな真剣に岸壁でタコと格闘を始める。

活タコを裏返す
タコと格闘
タコの下ごしらえ完了

私は女性ということで格闘は免除してもらい、ワクワクと乗船開始。
この季節に珍しいほど、湖みたいにベタ凪の海を城ヶ島沖目指してひた走った。


快走する船
釣り場まで走る

最初に釣れたのはやっぱりリーダーのKくん。海面からピチピチと鯖が跳ね上がる。
しかしKくんには嬉しい釣果ではないらしく、「なんだ、ハイブリッドだ」と船長と不満顔だ。
初めて知ったのだが鯖にも格があり、一番美味しいのは身が引き締まったマサバ。しかし身が柔らかくて不味いゴマサバが上がることが多く、吊り上げたときにはマサバと見えたのが、時間を置くと表面にゴマが浮いてくるハイブリッド種も増えてきたという。

釣竿をセット
釣りを開始
鯖が釣れた

仕掛けが海底に落ちる前に鯖が喰いついてくると、みんなの釣り糸が絡んでおまつり大会。
釣っている時間より、おまつりを解く時間の方がはるかに長い。
船長の「今日はカイワリは諦めて下さい。カサゴ、アジ狙いに変えましょう」の一言に納得して、鎌倉沖に移動する。

今度の棚は、やはり鯖は入れ喰い状態なものの、意外な上物が釣り上がった。煮付けにするとかなり美味しいという白ムツだ。その後は次々と大型のアジが釣り上がり、シキシマハナダイというまるで水族館から逃げてきたようなカラフルな獲物も上がる。

シロムツ
シキシマハナダイ

こんなに釣れて誰が食べるんだというほどクーラーボックスを満タンにして、午後2時に小坪港に帰還した。
釣果を取り分けていると、通りかかった人たちが興味深げに覘いていく。優越感に浸りながら、次は11月にカイワリのリベンジをしようと、さっそく次の予約まで入れてしまった。

釣果

下船
鯵たち
鯖たち
白ムツたち

その晩は逗子のレストランバー「海音」を借り切っての大宴会。
厨房では魚のさばきには慣れているKくんが鯵やタコの刺身を作り、オーナーご自慢の生ホッピーで乾杯すれば、白ムツのハーブソテーの準備をした「自遊人処」のSくんが登場する。
「うん、上手いっ!」「これはイマイチ・・」と批評しながら、割烹の板前さんがいる店に移動。閉店後に無理やりお願いして本格的な鯵の刺盛りを作ってもらった。

鯵の刺身
白ムツのハーブソテー
鯵の刺身2
朝6時半に集合して、解散は深夜12時を回った長い1日。でも純粋に楽しかった1日。
世話焼きな姐さんとしては、イケメンシングルの多い我らがチームにカノジョ候補も増えて欲しいのが最近の願いである。

コメント

  1. 素浪人 より:

    >世話焼きな姐さんとしては・・・。

    そりゃ、たこの替わりにお世話しなくちゃネ。
    でも本心は、独り占め?

  2. 亀吉 より:

    気持ち良さそう!美味しそう!
    いや、羨ましいです。

    >私は女性ということで格闘は免除してもらい
    一番格闘向きだと思うんですが・・・?

  3. yuris22 より:

    素浪人様

    タコ以外にも免除してもらったことが・・。
    釣った鯖の首を折ることは私には無理でした。
    食べることなら人一倍ですけどね(笑)

  4. yuris22 より:

    亀吉様

    >一番格闘向きだと思うんですが・・・?

    相手がタコでは不足です。ふん!

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました