大人の居場所がなくなった街

スポンサーリンク

青山ダイヤモンドホールでの会合のあと、昨夜は久しぶりに表参道を歩いた。予約を入れた和食屋まで約20分。懐かしいケヤキ並木の右側には表参道ヒルズ、左側にはGUCCI、LOUIS VUITTON、Dior、CHANELなどの高級ブランドショップが並んでいる。そんなウィンドーショッピングに心が浮き立つはずが、タクシーに乗らなかったことを即座に後悔した。

歩いているのは10代後半から20代の若者ばかり。それ以上の大人は一人もいないのだ。どこかの店舗に逃げ込もうとしても、おそらく数十万はするだろうと思われる服が威光を放っているのみで、客の姿はおろか店員の姿さえ見えない。敷居の高さに気後れしないのは、中国人富裕層の旅行客ぐらいだろう。ここはいったい誰のための街なのかと、異邦人になった気分だった。

私が原宿デビューをしたのは高校生の頃。お年玉でMILKのセーターを買い、精一杯大人のふりをしてLEONでお茶を飲み、同潤会アパートのブティックを一つ一つ見上げて歩いた。湘南から来た田舎少女には、KIDDY LANDに入るのさえ勇気が要る。表参道は洗練されたモデルや芸能人しか歩けない、特別なストリートだと思っていたからだ。

20091109表参道1
20091109表参道2

思い出の建物たちを誰が覚えているだろう。原宿の中心だったセントラルアパートはGAPに変わり、MILKもLEONも無くなった。神宮前の交差点を右に曲がり、場違いな大人は脇目も振らずに早足で歩く。明治通りはH&M、FOREVER21などロープライス衣料のショップに若者たちが群がり、裏原宿のストリートファッションに至っては理解不能。ニューヨークのアルファベットシティの方がよほど気楽だと、のろのろと歩く不思議な人種たちを追い越した。

転げるように時が過ぎれば12月。今年は11年ぶりに表参道ケヤキ並木のイルミネーションが復活するという。ひしめきあう歩道橋、「うわー、キレイ!!」と声をあげるカップルたちの姿が目に浮かぶ。でも私は見に来ることはないな。今は昔。手を繋いで歩いた人の面影さえ思い出せない、遠い遠い街になった。

コメント

  1. 亀吉 より:

    この間ね、自宅近くで夕暮れの空を眺めていたんですよ。
    そうしたらね、時空を旅しちゃって、大学生の頃の表参道の夕暮れを思い出しちゃったんです。それも鮮明に。
    不思議な気分でした。

  2. yuris22 より:

    亀吉様

    大学生になりたての頃、私は表参道から路地に入ったペニーレーンによく行ってました。吉田拓郎の「ペニーレインでバーボン」という曲を真似たんですが、バーボンなど飲めもしないのに、大人の真似事をしたかった・・。当時は夕方になれば今のよう喧騒もなく、ゆっくりと時が流れる街でした。

  3. marie より:

    私の住んでいる田舎町でも車で10分も行けば、手の届きにくいブランドショップの集まった百貨店があります。
    大人でさえ買うことを迷うようなブランド雑貨を若者達は持って歩いてますね。
    親に買ってもらったのか、愛人契約でもしているのか・・・?ただ単に貯金をはたいて買ったものか・・・。
    愛人と言えば、私の知り合いの友人が車まで買ってもらったとか。驚きですよね?
    やがて、女性の方から別れを告げ、車は男に返したとの事です。

  4. yuris22 より:

    marie様

    ブランド品は自分で働いたお金で買ってこそ、価値が分かるのだと思います。なぜそのブランドが必要かの理由も伴いますしね。
    愛人契約して贅沢させて貰ったお友だちは、普通の人とお付き合いできるのかしら。ピュアなものを失ってしまいましたね。

  5. nepcom より:

    以前、逗子の話題でコメントさせていただいたnepcomと申します。
    今回は、懐かしい話題「LEON」に反応してしまいました。

    学生時代にバイトしていた編集プロダクションが
    原宿にあったので、LEONでは、編集者気取りで
    コーヒーを飲んでいました。

    LEONは、クリエーターのたまり場的な雰囲気が
    とても気に入ってました。

    学生時代には、ワークブーツやネルシャツが流行っていた時代。
    着るものを買うと言えば、アメカジショップが多かった原宿でした。

    そして、社会人になって先輩に連れられて
    飲みに行ったのが「ペニーレーン」「OH!GOD」
    終電までよく飲んでました。

    当時は、原宿、渋谷をよくウロウロしていました。

    そんな原宿も、最近は、車で通りすぎてしまう街の
    ひとつになってしまった今日この頃です。

  6. yuris22 より:

    nepcom様

    コメント欄をチェックしていて、nepcomさんにお返事するのを忘れていたのを発見しました。こんなに遅くなってごめんなさいm(__)m

    初めてLEONでお茶を飲んだ高校時代から少し経って、大学1~2年の頃はボーイフレンドとデートするのはいつも原宿でした。ターコイズのリングや、プカシェルをお揃いで買ったのを覚えています。捨てたわけじゃないのに、あのアクセサリーは何処へ消えてしまったのか。青春の思い出は形として残らないのかもしれません。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました