立って地震雲を眺める猫

スポンサーリンク

今日は東の方角に大きな放射雲。筋は長く、南にまで広がっている。地震が起きそうな予感がムズムズとして、せっかくのクリスマスを楽しめない。私には耳鳴りや頭痛といった体感はないのだけれど、地震の規模が大きいほど、居ても立ってもいられない気分になる。

1225東に放射雲 1225長い放射雲

昨日の夕暮れの空にはダイナミックな帯状雲。東から南にかけて、海を渡るように横たわっていた。12月22日に父島近海でM7.4の地震が発生してから余震が続き、今日までにM5以上が50回を超えている。

東から 南へ 帯状雲

海底の火山帯が著しく反応している気配。12月21日の皆既月食が引き金になって、地球のマグマが湧き立ってきたのだろうか。

地殻変動や異常気象に対して、人間よりも敏感な動物の反応は?
与六は二階の窓から、立って空を眺めている。「どうしたの?」と声をかければ、心配げな顔で近寄ってきた。それからは引っ付き虫になって離れない。

空を見る与六 心配そうな与六

根拠はないけれど、たぶん風が強いうちは大丈夫。揺れても海中だから大丈夫。万が一でも、備蓄万全の我が家なら大丈夫。私の行く先々を追いかけて、尻尾をスリスリが止まらない与六の頭を撫でている。

追記:12月26日01:05
日本時間の午後10時16分頃、南太平洋のバヌアツ沖でM7.3の強い地震。
私は午前0時過ぎに外出先から戻り、与六を散歩させた。いつもは大人しくしてるのに、今夜に限って気が狂ったように飛び跳ねて暴れる。いったいどうしたんだろう。

コメント

  1. メメント杜 より:

    実に興味深い…。
    地震雲なんてないと聞きましたが…。
    バヌアツの地震を日本で予知したと解釈するのですか?
    それともまだ本番はこれから?

    地震でポックリ逝くのも夢です(笑)

  2. yuris22 より:

    メメント杜様

    前兆が長引くほど、後に大きいのが控えていることが多いです。
    木枯らしがビュービュー吹いて寒いので、今は緊迫感はありませんが、急に暖かくなったら要注意でしょうね。

    地震でポックリですか。柱の下敷きになって、火がジワジワ迫ってくるのだけは嫌ですね。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました