韓国ダイヤモンドコスメの初体験

スポンサーリンク

生活費の中で、私が最もお金をかけないのは化粧品だと思う。死ぬまでツルピカだった祖母の遺伝か、至って普通肌。冬に乾燥することもない。お手入れはドラッグストアで買った化粧水と乳液をつけ、外出時には日焼け止めの上にパウダーをはたき、マスカラを付ける程度。パーティー等でファンデーションを塗る必要があれば、取っておいた試供品を使う。

そんなズボラ人間に、センバツというブロガーサイトを通して、高級そうな韓国コスメのセットが当たった。ブランド名は「the saem(ザ・セム)」。ジュエル化粧品と言って、なんとダイヤモンドが成分に入っているらしい。
届いた箱を開けるとシートマスクの他に、1か月は持ちそうな基礎化粧品(ジェムミラクルダイヤモンド・ライン)のセット。容器の中には透明なビーズみたいな粒が浮いている。テーブルの上に置くと、さっそく与六が「なんだニャ?」と寄ってきて、キラキラに夢中な様子だ。

化粧品を見る与六
貰ったお礼にレビューを書くのが義務なので、お風呂上りに先ずはシートマスク「タロットテラー」から試してみた。ずっしりと保湿成分を含んでいて顔が重たい。しかも与六はパックをした飼い主を見るのが初めてで、目を真ん丸にしてビビッている。15分ほど追いかけっこをした後、シートを剥がせば意外とさっぱりして、スースーした感じだ。

シートマスク
次に化粧水。手のひらに思いきり中身を振り出したら、予想外のトロッとした感触。少量で充分に足りるらしく、勿体ないので顔・首・デコルテまで塗りたくった。ところが香料がきつすぎて、肌がピリピリ。乳液も同じ匂いで気が遠くなるのは、コスメ慣れしていないせいかな。

最後に極めつけの「ジェムミラクルダイヤモンド・カッティングV 10Cリフティングセラム」(たぶん美容液だと思う)を塗ってみた。日本語訳された説明書の能書きがすごい。
「永遠不変の美を象徴するダイヤモンドをビーズ化し、最先端のナノ技術『MLV』で有効成分を安全に肌に浸透させて、最適な効果を生み出すジェルタイプのセラムです。パワーリフティングフォーミュラーの強力なリフティング効果で張りのある肌を取り戻し、年と共にたるみがちなアゴのフェイスラインをシャープに引き上げ、最高の輝きを放つ完璧なVラインを演出します。」

えっ、アゴ?Vライン?これって喉からアゴに塗るものなんだろうか。他に説明書きを探しても全て韓国語で、まるで意味が分からない。ブランド化粧品に詳しい人は、こういう時こそ余裕なんだろうな。

ダイヤモンドを顔に塗るなんて初めての体験。びっくりしてピリピリしてる肌も、有難さに「へへーい」とそのうち治まるだろう。豪華なトライアルセットを無料で貰えたことに感謝しながら、いい歳して少女のようにドキドキしているコスメ初心者である。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました