被疑者の仲間に遭遇した帰り道

スポンサーリンク

昨夜は友人たちと横浜の「やきとり本牧」へ。ここには名物のフォアグラ焼があるということで、開店時間と同時に行ってみた。私たち4人が最後で、既にカウンター席は予約客で満杯の人気店だ。

鶏ネギ、レバー、すじ、つくね、トマトチーズベーコン焼などは200~300円の一般的な値段だが、フォアグラ焼は1200円。塩かタレかで注文すると、トロトロでジューシー、熱々な絶品が登場する。さらに脇の黒板を見ると「牛ヒレ焼」1600円、「牛タン焼」1200円、「牛並タン焼」800円といったスペシャルメニューが・・。4人で小ぶりの串を分け合いながら、1時間で万札2枚が消えていくのは悲しいが、店主の絶妙な焼き加減に脱帽して店を後にした。

不思議なことが起ったのは、下戸の1名が運転しての帰り道。高速に乗り損ねたので一般道を通ってきたのだが、突然ワーッと叫んでバックミラーを見ている。
「道路にニワトリがいた!」
男の人が烏骨鶏らしき鳥を、足で蹴飛ばしながら車道から歩道に追いやっていたらしい。
ちなみに烏骨鶏はコンテストもあるほど容姿が美しい鶏なので、見間違いはないだろう。

そして先ほど発見したニュース。
公園に烏骨鶏2羽=「パトカーで任意同行」-神奈川県警
神奈川県警戸塚署は23日までに、横浜市戸塚区舞岡町の舞岡公園で発見された烏骨鶏(うこっけい)とみられる鳥2羽を拾得物として保護した。同署は「署では2週間ぐらいしか預かれない。飼い主か引き取り手が現れてほしい」としている。
 同署によると、21日午前11時半ごろ、舞岡公園の男性職員が、草をついばんでいる鳥を発見した。事務所で預かっていたが、飼い主が現れなかったため、22日午後5時すぎに戸塚署に通報。同署が「パトカーで任意同行した」という。(2011/08/23-13:09 時事ドットコム)

う~ん、私たちが通った帰り道に限りなく場所は近いが、時間が合わない。もしかして歩道で烏骨鶏を蹴飛ばしていた男性は、同じ飼い主だろうか。烏骨鶏がパトカーに保護ではなく「任意同行」されたのに驚いて、名乗り出るのをためらっているのかもしれない。

ちなみにWikipediaによると「任意同行」とは、警察などが捜査上必要な場合、被疑者に警察署等へ任意に同行してもらうこと。今ごろ烏骨鶏たちはどんな取り調べを受けているのか、「コケーッ、コッコッコ」と被疑者の供述が聞こえる警察署を想像すると、もう笑いが止まらない。

コメント

  1. 的は逗子の素浪人 より:

    お前を任意同行する。 ウーコッケイー!

  2. yuris22 より:

    的は逗子の素浪人様

    ごめんなさい!なんとなく意味は分かるんですが、座布団一枚没収かも・・。

    > お前を任意同行する。 ウーコッケイー!

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました