地平から炸裂する秋の雲

スポンサーリンク

ずいぶん横に長い雲が出ていると思い、テラスに出てみてビックリ。北東からの放射雲が炸裂するように、南西からの放射雲とつながっている。1953年5月26日に起きた日本海中部地震(M7.7)の数日前にも、こんな地平から地平への筋雲が1時間以上に渡って出ていたという。

しかし今の季節は秋。地震雲というより気象性の雲である可能性が高い。空は高く深々と澄んでいるので、白い雲とのコントラストが一層目立つのかもしれない。

「眼のなかに秋の白雲あふれ去る」(山口誓子)

北東1東北方向
北東2東北方向 さらに10分後
南西南西方向

こんなときに動物の勘はどうなんだろう。先ほどから窓辺でゴソゴソと怪しい音を立てている与六は・・・。

ごはんはまだ?ごはんはまだ?
ごはんを待つごはんをここで待つにゃ

雲の様子が気になるというよりは、猫グッズ置き場でカリカリの袋を見守っているのであった。「天高くネコ肥ゆる秋」に危機感はなさそうだ。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました