逗子・鎌倉お花見ウォーキング

スポンサーリンク

2月から缶詰状態だった大きな締切りが一つ片付いた。なまった身体からは黄色の点滅信号。去年みたいな腰痛に襲われないよう、座った姿勢で凝り固まった節々を動かさなくてはならない。こんな時こそ持つべきものは女友達で、桜が満開となった4月1日、お花見ウォーキングを決行した。お正月に鎌倉・江の島七福神巡りをした飲んべえ3人組である。

逗子駅に集合した午前10時は降ったり止んだりの雨模様。バッグに忍ばせたワインのために、まずはプレドールでパンを買ってから傘を並べて歩き出す。線路を渡って住宅街に入り、ローズマリーが群生した風の丘公園を抜け、鎌倉逗子ハイランドの桜並木へ。スーパーのSEIYU周辺の桜は木も大きく、道路へ伸びた枝がアーチ状になっている。

DSC_2728
DSC_2730
DSC_2740
見晴台からの山桜、公園に咲いた白木蓮、垣根越しの桃・・、珍しい花を見つけたときには立ち止まって写真を撮り、鳥の声に耳をすませては名前当てをして、女子会ならではの花鳥風月ウォーキングだ。

DSC_2743
DSC_2746
DSC_2737
DSC_2750
金沢道の十二所からは鎌倉に向かう長距離コース。歩道が狭くて歩きにくいので住宅街に入り、頼朝の墓がある丘に登った。大きな楓の下に敷物を広げ、足を伸ばしてワイン休憩。久しぶりのピクニック気分にお喋りはさらに盛り上がる。

DSC_2753
DSC_2755
DSC_2751
ほろ酔いとなり活力が湧いたところで、今度は鶴岡八幡宮へ。笑顔で走る人力車、源平池に映る緑とピンク、人が溢れんばかりの赤い橋、平日で雨降りなのに世界中からの観光客で大賑わいだ。私たちは小町通りの蕎麦屋で日本酒ともりそば。鎌倉駅前の豊島屋でパン、紀伊国屋で赤ワインを買って最終目的地の源氏山公園に向けて歩き出す。

DSC_2759
DSC_2760
DSC_2768
DSC_2777
銭洗弁天で千円札を洗い、源氏山公園の葛原岡神社に着いたのは午後5時近く。殆ど人影は無くなっていたが、頑張って歩いただけ見応えのある桜に酔いしれる。実はこのあと逗子に戻ってJJ.MONKSでスミノフのレモネードを2杯、もしかして白ワインも飲んだような。帰宅後はベッドに倒れこんだのは言うまでもない。

DSC_2783
18426_751251198307173_3867326853694002222_n
DSC_2788
DSC_2790
恐るべし女子会パワー。どれだけテクテク歩いたか、Googleマップに赤線を引いてみた。何故か筋肉痛にもならず、ウォーキング熱が復活しそうな春のスタートである。

map

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました