新曲が連れてくる春

スポンサーリンク

雨上がりの空気がぬるんだ日曜日。なまった身体をほぐしにウォーキングに出かけたいが、締め切りに四苦八苦する状況から抜け出せない。明日は仲間内のミニ・パーティーがあるので、徹夜明けのゲッソリした顔を晒さないよう、早めに片付けたいところだ。

そしてもう一つ、何としても時間を取りたいのが3月26日のコンサート。横浜市磯子区民センター(杉田劇場)で行われる、杉劇リコーダーずの定期演奏会だ。彼らは6歳~85歳まで、46名のメンバーからなる異世代リコーダー・アンサンブルで、地元のみならず日本全国へ演奏活動に出かけ、東日本大震災の復興支援活動も行っている。

私の作詞した「赤いやねの家」を定番にしてくれているご縁で、昨年末に新作を一つ書き下ろした。長年コンビを組んでいる上柴はじめさんのメロディーに詞をつけた「あなたの笑顔」という曲である。

デモを聞いて印象的だったサビの部分にまずは、♪ 笑って! なんだか曇った顔してる 今日よりも 明日はうんといい日だよ ♪ の歌詞をはめ込み、後から全体を構成する作り方にしてみた。何もないところから詞を書くより、この方式が私には百倍も簡単なので、1時間かからずに完成したと思う。

コンサートに向けて歌劇団まで編成したと聞き、どんな演奏がステージに繰り広げられるかが楽しみだ。あくまでも演奏者が主役で、作者は裏方仕事。これまで人前に出たことは殆どなかったが、照れくさいことに今回は壇上でトークコーナーが用意されているらしい。これこそ徹夜明けでは行けないな。

sugigeki0003
sugigeki0002
暑さ寒さも彼岸まで。ニュースによれば、ソメイヨシノが例年より4日早く開花した。1週間後に聴ける「あなたの笑顔」が、ますます沢山の春を運んでくれるように願っている。

コメント

  1. 坂場 一隆 より:

    ゆりちゃんへ
    まず第一声、「すごい人だね」
    PCの組み立て修理に、ソフトHP制作、作詞家、コピーライターにコピースピーチ、心理カウンセラー、それに美人「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」ときては益々近寄り難い。

    お彼岸で暖かくなって桜便りもちらほら、お彼岸とは彼(かの)岸と書く、三途の河原の岸辺の向こう側のこと、小生も近くまで来たのかな、渡らないようにしなければ、な~んてね思うこのごろです。

    毎日今日は何しようかな、な~んて思う小生とは違いすぎるゆりちゃん。
    今日は仕事関連の講習会にICレコーダーを持って行く、明日の夜はエクセルの講習会に参加その後禁酒していることを破ってスナックでも行ってみようかなと考えています。          

    ゆりちゃんは無理して体を壊さないようにね。
                                  K.S.

  2. yuris22 より:

    坂場さん

    お墓に眠っている方々はみんな「死」の経験者なんだと思うと、畏敬の念が湧いてきます。私は向こう岸に渡るのは少しも怖くないのですが、痛いのや苦しいのは絶対に無理。自然に眠るように第二の旅立ちができよう、この世の中では少しでも心の貯金ができたらいいなと思っています。

    心の貯金は向こう岸に行ってから使える財を蓄えることで、功徳を積むことを言います。現世でのお金や名誉はあの世に持っていけませんからね。餓鬼にならないため、我欲を慎むことが目下の課題です。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました