人生にも三寒四温で春が来る

スポンサーリンク

今年は春の訪れが早い。1月のはじめに、「パワーグリーンが幸せの前兆をくれること」で写真を載せたシンビジウムが、蕾を弾かせていっせいに咲き始めた。例年より1か月以上早いうえに、大輪の花である。

20170221
三寒四温という四字熟語そのまんまの気候。
昨日は南岸低気圧が通り過ぎた大荒れの空模様で、暴風波浪警報のアラームがスマホに届いたのが嘘のようだ。ポストに手紙を入れに行ったら、身体ごと吹き飛ばされそうになり、自然の驚異に平伏していたところである。

STORM
強風にしなって、激しく揺れていたパームツリーたちは、夜があければ何事もなかったかのように、のほほんと太陽を浴びている。白波が立っていた相模湾は穏やかな水色に戻り、とんびの鳴き声がピーヒョロロと空に響く。

20170221_3
右向け右とばかりに、みんなが春に向かっていくなか、私は例年通りの書斎ごもり。都内での行事には欠席の返事を出して、昼夜パソコンの前が定位置になっている。

ストレスが溜まって、以前なら「飲みに行きたいな~」と恨めしい気分でいたのが、今はちょっと変わったかも。昨年の5月に立ち上げたファッションブログのために、原稿書きの合間を縫って、服のコーディネート写真を自撮りするのがストレスの発散となった。おかげで一日一食となってしまったが、好きなことが食欲に勝るのだから仕方がない。毎日1,000を超え、多い日で2,000のアクセスを頂いているのも励みになる。

seven2
金魚のフンみたいに私の後を引っ付いてくる与六が、キャットタワーから興味深げに様子を眺めて、「ニャ?」と声をかけてくる。
仕事しなくていいのかニャ? お腹は空いていないかニャ? 眠くないかニャ?

はいはい、心配してくれてありがとう。心も身体も元気です。
年齢的にはずいぶん出遅れたけれど、子どものころから大好きだったファッションがもう一つの仕事になりつつある今は、人生も三寒四温。幸せな春に向かっていることだけは間違いない。

コメント

  1. 青蘭 より:

    おはようございます。
    シンビジウム、咲いたのですね。
    お写真で見る限り、少し緑がかった「ホワイトレディ」という種類でしょうか?
    我が家も同じです。
    こちらは雪国なので居間においてますが、つぼみが鞘から出てきました。

    別の記事で身体の中のアンチエイジングのお話、
    本当にそうだ!と納得です。
    高度成長期から日本人はケミカルなものをたくさんたくさん
    摂りすぎてしまった気がします。
    震災をこの身で体験しその後身体も壊した今では
    ケミカルなものは「嗅覚」で感じます。

    これからも素敵な記事を楽しみにしております。

  2. yuris22 より:

    青蘭様

    シンビジウムは一輪咲きだすと早いですね。
    最近は春の嵐が多いので、ベランダから家の中に入れました。
    花茎が大きく伸びていて、ニャンコが手を出して遊んでいます。散らないかとヒヤヒヤ。

    震災を体験されたのですね。
    お身体は大丈夫でしょうか。

    私は役立たずのボランティアで被災地に行きました。
    気仙沼大島に渡る船で、強烈な臭いに鼻を塞ぎながら、その中で必死に生活している方々には本当に頭が下がりました。
    明日は我が身かもしれないと思いながら、飽食にならない暮らしを心がけています。
    それでもキッチンの棚の、手の届かないところには要らないものが有りすぎ。
    困ったものです。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました