片瀬江ノ島の寅さん

スポンサーリンク

おいしい魚が食べたいと思った時は、江ノ島水族館の裏手にある居酒屋の「寅さん」に行く。
座敷席は観光客、カウンターとテーブル席には常連たちが指定席として陣取り、その顔ぶれは釣り人、漁師、マグロの解体屋、サーファー、ヨットマンなど海つながりだ。

寅さんは数年前まで恵比寿で居酒屋を開いていたのだが、あまりに繁盛しすぎて、隠居生活を送るために片瀬江ノ島に引っ越してきた。適当にお店もやれば良いと住居の下で居酒屋を始めたところ、想像をはるかに超えた客が押し寄せ、週末の夜ともなると「もう疲れたよ~」が口癖になっている。

寅さん1
寅さん2
寅さん3
寅さん4

昨夜は友人たちを呼び寄せて、「大根の葉っぱと厚揚げの煮物」「刺身の盛り合わせ(ウニ、イカ、金目鯛)」「さいまき海老の塩焼き」「ほうれん草とベーコン炒め」を頼み、オリジナル焼酎の「寅さん」を2本も空けた。

魚料理はもちろん、この店での何よりのご馳走は「会話」。
常連たちと釣りの話、海の話、テレビを見ながら野球の話、時には政治討論・・と、幅広いネタで盛り上がる。

カウンター越しには寅さんが、はやく仲間に入りたくてウズウズ。
夜8時半も過ぎれば観光客は帰って常連たちだけになるので、気を利かせた誰かが生ビールを注ぎ、いつも通りの二次会に突入する。
「俺よ~」と、スキンヘッドをますます光らせながら寅さんの独演が始まるのだ。

時にはその流れでタクシーに分乗して三次会。
藤沢までカラオケを歌いに行ったり、昨夜は私の家でシャンパンを空け、気が遠くなるまで飲んだ。みんなどうやって帰ったのか覚えてないのがみじめ・・・(;O;)
「寅さん」の唯一の欠点は、行けば最後、シュランダー(酒乱だ)になることか。
女だてらに他のお客と大喧嘩して、寅さんが仲介に入ったこともある。

でもこの記事が人目に触れたら、もっとお客が増えちゃうだろうな。
ごめんね、寅さん。

コメント

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました