二枚のデジャヴ

スポンサーリンク

深夜に開いたEメール。

「今日、朝早く癒しの桜探しに遠野迄行って来ました。中々良いスポットを見つけました。」
岩手の友人から届いたのは、東京の人間なら記憶が薄れつつある「桜」の写真たちだった。

クリックした最初の写真に惹きつけられる。茅葺の水車小屋に寄り添う桜の木。
小屋の中から美しい百姓娘が出てきそうな、柳田國男の書いた伝説が現実になった世界だ。
一度も行ったことがないのに、妙に懐かしいのは何故だろう。生まれる前の記憶だろうか。

遠野

独り占めするには申し訳ない景色なのでアップさえて頂いた。いいですよね?Rさん。

そしてもう一枚のカメラマンは私。
一昨日に恵比寿ガーデンプレイスの2階から撮った黄昏だ。

ガーデンプレイスの黄昏

手がブレて滲んでしまったけれど、空が紺青色に染まったひと時をどうしても残しておきたかった。写真の上部ぎりぎりには、宵の明星も光っている。
どこで見たんだろうこの空?記憶のアルバムが逆さにめくられていく。

この時刻になると、高校生だった頃、古文の授業を思い出す。
「黄昏(たそがれ)」とは「誰そ彼は(たそかれは)」・・薄暗くて隣にいる顔がだんだん見えなくなる夕暮れ。
「薄暮(かはたれ)」とは「彼は誰そ(かはたれそ)」・・遠くにいる人もだんだん誰だか見えてくる明け方。
確かそんなふうに先生が教えてくれた記憶がある。今は朝夕、どちらの言葉を使っても構わないらしいが、いにしえの日本語は美しい。

こんな一瞬一瞬に、この先何回足を止めるんだろう。
やがて髪は白くなり腰が曲がっても・・
また生まれ変わって未来の若い瞳も・・
景色に言葉に歌に、きっと同じ一瞬に足を止める。

コメント

  1. 初めまして!
    ランキングからまいりました。

    いくつか読ませていただきました。
    しっとりしたお話がたくさんで、脈拍が下がる思いがしました。<変な表現でごめんなさい>
    それにしても素敵な文章ですね!
    勉強になるとともに、心が落ち着きました。

    追伸
    ウディ・アレンの新作のご紹介も楽しく読ませていただきました。

    応援ポチッ!

  2. yuris22 より:

    単身赴任のYH 様

    応援ありがとうございます(^^)

    歌詞を書くようにリズムを取りながら、文章を紡ぐのが私のスタイルなのですが、気に入って頂き幸せです。

    人が文章を読むときは、心の中で声を出しますよね。
    ブログでも一発のキャッチコピーでも、その方の声がいかに心地よく響くかを心がけています。

    YHさんのブログ、さっそく拝見しました。
    とても勉強熱心でいらっしゃるのですね。
    1年半以上も書き溜めた宝物は羨ましく思います。

    これからもどうぞよろしく!!

  3. こまちゃん より:

    「Firefoxで文字が重なる」なんて、
    酔っ払いの戯言に早速対応いただきまして
    ありがとうございました。m(_ _)m
    とても見やすくなりました。

  4. yuris22 より:

    こまちゃん

    まだ酔っ払ってなかったでしょ(笑)

    StyleSheetをいじっただけですが、本来はJavaScriptでブラウザ振り分けをしなくちゃ。
    暇が出来たらきちんと直します。・・って紺屋の白袴ですね。

  5. たそがれ より:

    「デジャヴ」「デラシネ」とか、
    子供の頃覚え、憧れた音、言葉、意味

    なにか、現世でないどこかに・・・いる自分

    いつか
    どこかで
    しずかに
    黄昏ていきたい・・・。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました