我が家のリビングに力士が1,000人やってきた

スポンサーリンク

先日アップしたゴージャスなBBQのこぼれ話・仲間たち篇。
デザイナーの友人が、大事げに菓子折りを抱えてやってきた。
小判でも入っているのかと蓋を取れば、「今日はお客を1,000人連れてきちゃいましたよ」。
紙で作った力士がぎっしりとひしめき合っている。

一人ひとり手にとって見れば、顔も体型も全部異なり、行司もいれば勝負審判までいる。
身体が大きいから強いとは限らず、お腹のでっぱりや手足の角度、微妙なラインが勝敗に影響するらしい。

千人の力士たち

さっそくダイニングテーブルに土俵をセットして、紙相撲3月場所・横綱同士の取り組みがスタート。この土俵も土台の上にプラスチック製の消しゴムを貼り付け、上部板には150番のサンドペーパーを使うという懲りようだ。

顔を見合わせ、腰を落とした仕切りから立会い成立。土俵の端っこをトントンと叩いて、アナウンサーの実況まで兼務する。
がっぷり四つに組んだ両力士は、「押せ押せ」のせめぎ合い。どちらが先ともなく土俵の外へと転げ出た。

力士取り組み
土俵を叩く
残った残った

行司の軍配に物言いがつく。
土俵に並べた勝負審判たちは、引退後の力士に紋付袴を着せてカスタマイズしたらしい。

物言い協議

歴史は古く、小学生の頃から溜め込んできたという力士たち。
一度お母さんにごっそり捨てられて涙したというが、夜中に起き出してセコセコと創作に励んだそうだ。
その熱意が彼を東京芸大にまで導いたのだなあと、声を枯らして実況中継する万年少年をしげしげと眺めてしまった。

万年少年の所以。メールが届けば、件名は「プロレスごっこして遊ぼ!」
ジャイアント馬場のフィギュア画像を添付してくるのは、誰とは言わないが1人しかいない・・・( ̄  ̄;)

コメント

  1. こまちゃん より:

    物言いにワロタヨwww

  2. ☆Sylar☆ より:

    freemlのNoahです。
    CURURUでは、Sylarでblog書いてます。
    freemlと内容は同じですが・・・。

    紙相撲、良く出来てますね。
    面白い
    俺も遊びた~~い

  3. yuris22 より:

    こまちゃん

    さすが芸大出身のデザイナーだけあって、細部までよく出来てるのです。
    動画も撮りましたが、本人のプライバシー保護のため(仕事してんのか
    い?と言われないため)、アップするのは諦めました。

  4. yuris22 より:

    Sylar様

    彼は昔、紙相撲協会の副会長もしてたそうですよ。
    本家のサイト、見つけました。
    力士作成法も詳しく出てます(^^)

    http://www.geocities.jp/goldandbook/kamizumou/

  5. 素浪人 より:

    「紙相撲協会の副会長」ですか。すごいですね土俵も力士も年季が入っていますね。
    しかしこの世にはまだまだ拙者の知らない協会があるなぁ。そうだ!「部屋」や「親方株」とかあるのかなぁ?

    >小判でも入っているのかと・・・
    さぁっすがうまい! よしのやぁ~っ!
    親方株かうの? 

  6. yuris22 より:

    素浪人様

    >「部屋」や「親方株」とかあるのかなぁ?

    そこまでは聞いてませんが、紙相撲セット一式を持ってる各人が親方になる
    みたいです。
    大相撲を出来るだけ忠実に再現するのがルールだそうですよ。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました