レモンツリーのティーンエイジ

スポンサーリンク

マンションの敷地内に、緑の実をつけた小木を発見した。蜜柑には見えずカメラを近づけてみると、もしかしてレモンの木?黄色くなった果実なら知っていても、木に生っているのを見るのは初めてだ。

作詞家になる勉強をしていた頃、師匠から何度も聞いた歌を思い出す。PPM(Peter Paul and Mary)の”Lemon Tree”というフォークソングだ。英語の歌詞を日本語に訳してみた。

「レモンツリー」

僕が10歳のガキだった頃、父さんが言った。ここにおいで、可愛いレモンの木から学ぼう。いいかい、恋に溺れちゃいけないよ。お前もいつか、恋は可愛いレモンの木のようだと錯覚するんだろうけどね。

レモンの木はとても愛らしくて 花は甘い香りだ
でも果実はおよそ食べられたもんじゃない

ある日レモンの木の下で、僕は恋人と横たわった
笑うととても愛らしい子で 空には星が出て
レモンの木の下で僕たちは 恋に夢中の夏をすごした
奏でるような彼女の笑い声に 父さんのあの教えを忘れてしまった

レモンの木は愛らしくて 花は甘い香りだ
でも果実はおよそ食べられたもんじゃない

ある日彼女は何も告げずに去った 僕から太陽を奪って
そして彼女が残した暗闇の中で 何があったのか知ったんだ
彼女には別の恋人が出来た ありがちな話さ
みじめだけど賢くなった男が 今は君にこの教えを歌うのさ

レモンの木は愛らしくて 花は甘い香りだ
でも果実はおよそ食べられたもんじゃない

レモンの木
レモン

実家から1人暮らしのマンションに移った大学生の頃、女子校育ちで晩生だった私に、初めてのボーイフレンドが出来た。映画やコンサートに行ったり、大学祭に遊びに行ったり、2つ年上の彼は男子校育ちの生真面目くん。いつもジャケットを着た服装は折り目正しく、松田聖子の「赤いスイトピー」じゃないけれど「半年たっても あなたって 手も握らない」だ。

そんな折り、先輩たちに誘われたダンスパーティーで、ちょっと不良な男の子を紹介された。擦り切れたジーンズが似合う同い年。私は生真面目くんとの約束をすっぽかしては、新しい彼とのデートに明け暮れていた。

夕方から雨が降り出したある日。大学の裏門に、生真面目くんが傘をさして待っていた。
「ごめん、これから用事があるの」
「じゃあ駅まで送るよ」
私が雨に当たらないよう、自分はほとんど濡れて歩いている彼は無言のまま。その優しさが鈍くさくて、だんだん意地悪な気分になっていく。

「私、他に付き合ってる人がいるの。わからなかった?」
改札口で言い放った私に、返ってきた言葉は何もない。後にも先にもそれから一切連絡を取ることがなく、ずいぶんと酷な別れ方をしたものだと、心の棘は抜けないままだ。

“Lemon tree very pretty and the lemon flower is sweet
but the fruit of the poor lemon is impossible to eat.”
「レモンツリー」のサビの部分。”poor lemon”の”poor”が相応しい女の子だったと、18歳の苦い思い出である。

追記:
この記事を書いた翌日(16日)、PP&Mのマリーさんが亡くなったと聞いて驚いている。ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

  1. 的は逗子の素浪人 より:

    そうだね、心の棘はなかなかなくならないね。
    出来なら・・・切ないなぁ。

  2. marie より:

    レモンの木
    初めて見ました。その昔恋は甘酸っぱいとかいったものですね(笑)
    それにしても、この女の子の気持ちよくわかります(笑)
    危険な香に惹かれるんですね・・。

  3. yuris22 より:

    的は逗子の素浪人様

    「後の祭り」って経験を繰り返さないよう、今は生きているつもりでもやっぱり不器用です。甘いレモンなんてあり得ないのでしょうね。

  4. yuris22 より:

    marie様

    危険な香りですか。私は豊川悦司みたいに、唇が薄く一重まぶたの薄情そうな顔が大好きです(笑)
    レモンの木には騙されないタイプ。蛇に睨まれたカエルになるので、全て撃沈して終わっております。

  5. こまちゃん より:

    実家のレモンの木にはカラスアゲハが来ます。
    幼虫はキモイんですが、滅多に観る事の出来ないアゲハは
    優雅で美しいですねぇ。

    蝶は姿を変えた故人だ、って話を聞くと余計に気がかりになります。

  6. yuris22 より:

    こまちゃん

    カラスアゲハって、人懐っこい感じがしませんか。
    散歩してるときに出会うと、前後を飛びながら付いてきます。魂が入ってるのかもしれませんね。

  7. ヒロシ より:

    ああ…同じ事があったなぁ

    俺も生真面目だったから
    彼女がそういう男に走ったんだ

    俺もようやく独立して
    そんな彼女に30歳近くなって再会した

    なんか焦ってて
    結婚の話題とか仄めかされたけど…

    きっちり振ったぜ(笑)

  8. yuris22 より:

    ヒロシ様

    概して自信過剰な人は、昔の恋人をいつでも取り戻せると思っているものです。年齢と共に、相手は経験も成長していることに気が付かないんですよね。ヒロシさんは振ってスカッとしたでしょうね。

  9. ヒロシ より:

    うん

    俺は競馬の馬だから

    ゲートが開く前に賭けて欲しかったわけ
    第1レースが終わってからなら誰でも賭けられる

    自分を知って信じてついて来た者にしか報いる事はできないよ

    馬券は外せば紙屑になる
    それが女の恋愛

    走るのが男の恋愛

  10. ヒロシ より:

    まあ俺より速い馬(女性)なんて
    いくらでもいるんだが…

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました