メールよりも声と顔

スポンサーリンク

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによれば、人が他人に何かメッセージを伝えようとする時、言語が貢献するのは7%にすぎず、残りの93%は声や話し方、表情などのボディーランゲージによるものだという。つまり手紙やEmailだけでのやり取りでは、お互いのコミュニケーションは7%しか通じていないことになる。

 

中学生のころ、雑誌で見つけたアメリカの女の子と文通をしていた時期がある。和英辞典を引いては拙いセンテンスを作り、便箋1枚に2時間は費やしたものだが、郵便受けに返信のエアメールを見つけた時は有頂天になった。クリスマスプレゼントの交換までしたのに、文通は半年経たないうちにフェイドアウト。書くネタが無くなったというよりは、顔も声も知らない異国の友達に対し、心が通じ合う手ごたえが得られなかったからだと思う。

 

時々開いてみる、今年98歳になる現役医師・日野原重明氏の著書『いま伝えたい大切なこと』。日野原氏は「言葉を超えて」という一節で、Emailの普及によって子供たちや若い世代が、昔よりもずっと無口になったことを懸念している。
「言葉は、目の輝き、笑いかけなどの力に助けられないとうまく伝わらず、感情がこじれ、ストレスが増していきます。」
「上司と部下の間、教師と生徒の間、また同僚や友達同士の間の伝達がメールばかりだと、相手の心のありようがきちんと理解されず、本当の配慮や愛情、友情が生まれにくくなります。」

 

文字だけだと、目を見つめ合うことや声の出し方に感情を込めることが下手になり、下を向いて無口になる。隣同士で携帯のボタンをピコピコ打ち、メールのやり取りをする風景も今や異常ではなくなってきた。

 

ちなみに私は物書きのくせにメールが好きではない。気の利いた文章を書いて当然という重圧から、どんどん筆不精になる。明るい声で電話して「こんにちは!」なら3分で済む用件が、メールとなれば時候の挨拶から結び文に至るまでプロの意地が張り詰める。ましてや面識のない人とメール交換するには、相手の文面から性格や環境を想像し、固すぎず柔らかすぎずの語句を選択し、読んだ時に心地よいリズムとなるような音数律を考えて・・、通常の10倍もの気遣いが必要になるのだ。

 

外は雨が降り続き、17時を知らせるチャイムが鳴った。今日は朝から晩まで机に向かい、気付けば誰とも喋らなかった。そんな日こそメールではなく、声や顔が欲しい。直接会わずに電話だとしても、その表情が読み取れるような声のトーンが聞こえてくれば、一緒に心が生き生きしてくるからだ。

というわけで、どうして返事をくれないの?と思っていらっしゃるあなたへ。メールは「今、電話で話せる?」の一言でOKです。むしろ喋りたいことが溜まってる私が、あなたの時間を独占することをご容赦くださいね。

コメント

  1. kaz より:

    はじめまして。たまたま読ませていただき、共感してしまいましたのでコメントさせていただきました。

    私は子どもに携わる仕事をしております。
    よくコンピュータを使わせるのですが、目的意識もなくただただ触りたい子どももいます。ですからそんな時は「ほしい情報は、やりたい事は本当にコンピュータじゃなきゃできないことなのか」と問いかけます。

    書けない、読めない、話せない、聞けないのであれば、コンピュータを使っても一緒です。日野原先生の言葉もそれに当てはまるのではないかと考えています。

    メディア論のマーシャルマクルーハンは、メディアを「ホットメディア」「クールメディア」に分けていますが、ダイレクトで伝わる直接的なコミュニケーションの豊かさや感覚を大切にしたいものですね。

    長文、失礼しました。

  2. yuris22 より:

    kaz様

    いらっしゃいませ(^^)

    原稿用紙からPCに代わって、私は漢字を忘れ、字を書くことが下手になりました。便利になった代償に、子供時代から築いてきた自分の中の文化を失くした気分です。

    最近の携帯メールは、入力文字から先読みしてセンテンスを表示してくれるものもありますが、子供たちには利用して欲しくないですね。思考能力を奪い、将来スピーチやプレゼンが出来ない社会人になってしまいそうで・・。
    老婆心ながら学校の先生方には、鉛筆で作文する授業や、クラスでディベートする場をもっと増やして欲しいと思っております。

  3. 的は逗子の素浪人 より:

    たまには電話しようかなあ。

  4. yuris22 より:

    的は逗子の素浪人様

    そういえば久しくお声を聞いてないような・・。でもこうしてコメントを書き込んでくれるのは、元気でいる証拠ですね。

  5. marie より:

    確かに大好きな人とは会って話がしたいですね。
    メールが当たり前になった世の中ですが、便利な反面誤解も招きやすいですね。
    そうなってくると文章能力を鍛える必要があるのかもしれません。

  6. yuris22 より:

    marie様

    メールって、返すタイミングも難しいんですよね。あとでゆっくり・・と思ってると、悪気は無いのについ忘れちゃうこともあります。人間の生体機能を維持するためにも、1人暮らしの人ほど、メールよりも声を出すことって大事じゃないかなと思います。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました