フェアレディZとイタリアン

スポンサーリンク

逗子で旬の魚と野菜を食べるイタリアンレストラン。最近のお気に入りは裏通りの住宅街にある「Katsu’s(カツズ)」だ。
いつぞや予約なしで行ったら超満員で入れなかったのだが、オーナーはじめスタッフの皆さんが平謝りして下さり、なんて接客態度の良い店なんだろうと感心した。

店の入り口でシンボルとなっているのは、ロングノーズのフェアレディZ。どうやって駐車したのかと驚くほど、玄関スペースにきっちりと収まっている。

カツズ

少人数で行くなら、座りたいのはテーブルよりはカウンター席。
お喋り好きなオーナーと会話しながら、時にはレシピも教えて貰いながら、豪快な調理風景を見ることが出来る。

画像は魚のカマ焼き。日によって素材は変わるが、この日は尾長鯛をピリ辛のスパイスで時間をかけて焼いてくれた。イタリアンでありながら、青味にパクチーを使っているのが以外。白ワインが進んで困るほど、おつまみにはぴったりだ。

尾長鯛のカマ焼き

次の画像はタコの空揚げ。なんと網から生きているタコを取り出し、足を一本切り落とす。逃げようと擦り抜けるタコ、それを押さえるスタッフたち。
驚いたのは切り取った足が元気に動いていることだ。
オーナー曰く、「腕にからみついて、吸盤のあとが付いちゃうんですよ」。
カリカリに揚がったタコを塩で頂くと、またまたワインが進んでしまう。

逃げるタコ 活ダコの空揚げ

親しみが増した記念に、勝手ながら小さなお土産を置いてきた。
前回訪ねたときに話に出た、私の父が乗っていたダットサン・フェアレディの写真だ。
キッチンの隅に貼ってくれたオーナーの心遣いが、幸せの調味料になったディナーだった。

ダットサン・フェアレディ

コメント

  1. Shin より:

    こんにちは!
    ここ、偶然きょうウチで話をしてたところなんですよ。今週のどこかで行こうか、って。本当はきょうにでも行きたかったんですが。

    以前、偶然通りがかったときに店先の240Zを見てビックリして、準備中のスタッフの方に声をかけたことがあります。
    やはり、すごく親しげで気持ちのいい人たちでした。

    それで料理もおいしいなら文句なしですね。
    早く行ってみたいです♪

  2. yuris22 より:

    Shin様

    食べ終わって店の外に出た後も、みんなで中から手を振って
    くれるんですよ。
    アットホームそのものでした。

  3. 詩人たそがれ より:

    >私の父が乗っていたダットサン・フェアレディの写真

    これは、写っている人は「お父様と管理様」ですか?
    かっこいい~~~!

    FZは、ちょっと運転したことがありますが、
    「足が短い」事を実感しました。

  4. yuris22 より:

    詩人たそがれ様

    はい。写っているのは父と私と、当時飼っていたチンです。
    ええかっこしーですよね(笑)

    記憶には全く残っていないのですが、推測すると城ヶ島から
    三崎を望んで撮ったようです。

  5. 亀吉 より:

    おおっ、美味そう!
    いいな、いいな、美味しい店がたくさんあって。

    しかし、この240Z・・・。どうやって入れたんでしょう?
    例のダットサン・フェアレディもいいね。
    おしゃれな父上です。

  6. yuris22 より:

    亀吉様

    昔の人って、おしゃれにも品と気合がありましたよね。
    古びたアルバムを見るのが、楽しみになりました。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました