自転車に乗れないコンプレックスの克服

スポンサーリンク

ずーっと隠してきたコンプレックスがあった。それは・・自転車に乗れない(;_;)
小学生のころ折り畳み自転車に少しだけ乗った記憶はあるのだけど、フラフラと走行がおぼつかないまま、その自転車は親がどこかへ持って行ってしまった。

車の運転はできるので移動には困らないが、せっかく海の近くに越してきたのに、フィットネスクラブでエアロバイクを漕いでるんじゃ虚しすぎる。
こっそりと友人に相談してみたところ、「ペダルを漕がないで坂道を下る練習をすれば、すぐに乗れるようになるよ」とアドバイスをくれたが、どうにも自信がない。

そこで一大決心。中伊豆にある日本サイクルスポーツセンターが行っている「自転車に乗れない女性のための自転車教室」に参加することにした。1泊2日のコースで「バランス取り、周回走行、自転車安全走行知識講習、道なり走行、サーキットコースの走行」をこなせば、99.9%の習得率だという。

日本サイクルスポーツセンター

土曜日の午前中、研修所に集まった参加者は10名。
「私は運動音痴で・・」「親が自転車を与えてくれなくて・・」「子供を抱いて歩くには重くなりすぎて・・」など、様々な理由を抱えた20~50代のOLや主婦たちである。

紅葉が始まった練習場で、各自26インチの自転車があてがわれる。
まずはスタンドの扱い方からスタート。
足を浮かせて3秒間キープする練習をしたあと、地面を蹴って前に進む練習。
上達が早ければ「ペダルを漕いでみて下さい」と声がかかる。

最初の不安はどこへやら、あれれ乗れるじゃないの。小学生のときに覚えた感覚が蘇ってきた。
嬉しくなって「男乗り」にトライしたが、右足を跳ね上げたところで大胆に転倒。「それはまだ早い」とコーチにお叱りを受けながらも、離れたところでまた挑戦。打ち身・擦り傷だらけの満身創痍となってしまった。

サイクルセンター
サーキット入り口
サーキット走行

右回り・左回り、狭い道の走行、草むらの走行等の練習を重ねて、2日目はヘルメットをかぶって全周2キロのサーキット走行。途中の上り坂はキツイけれど頑張って10周、20キロを走ってみる。
途中、草むらに突っ込んでいる人、漕ぎ出せずに立ち往生している人が適度な障害物(ごめんなさいっ)になってくれて、細かいハンドルさばきにも慣れてきた。

昼食後の閉講式では、「絶対にダメと諦めていた私が、ペダルを5回漕ぐことができました」と嬉し泣きする参加者も。合宿なんて久しぶりだけど、同じ目的で集まった仲間たちから拍手が起きる。

帰り道の伊豆スカイラインは快晴。車を停めて見下ろした相模湾の青が、水平線で空と繋がっている。
いつかここまでサイクリングで来られたらいいな。
夢の行動範囲が広がったことに、大満足な週末だった。

伊豆スカイライン

コメント

  1. 美威 より:

    そんな講習もあるんですね!!私は小学校に入ってすぐ庭で練習した記憶があります。
    いつの間にか後ろで押さえてくれていたおばあちゃんが手を離してた・・とかそんな感じで。
    自転車といえば、専門時代新聞奨学生をしていたので今乗っている折り畳み自転車では常に空回りです。
    タイヤの大きい自転車がほしい!(というよりアパートに駐輪場がほしい)
    お天気のいい日は近所をサイクリングしながら写真を撮るのが楽しいです。

  2. こまちゃん より:

    ママチャリで20キロは凄いです!
    でも、サーキットって路面がボコボコで
    転んだら大怪我しちゃうんじゃないですか?
    大丈夫だったんでしょうかw

  3. Poi より:

    素晴らしい、そのチャレンジ精神!
    次は水泳ですね。  (笑

  4. yuris22 より:

    美威様

    私もさっそく自転車を買いに行こうと思ってます。
    でも大問題が・・。
    自転車屋さんから家まで乗って帰るのが怖い!
    車道の真ん中を走って許されるのなら、喜んで乗り回すんですけどね。

  5. yuris22 より:

    こまちゃん

    サーキット走行では、もちろん怪我しました(;_;)
    慣れてきたのでiPodを選曲しながら走っていたら、目の前にフェンスが!
    ノーブレーキで激突しました。

    幸い手の甲が腫れ上がっただけで済みましたが、帰りの車の運転はハンド
    るを回すたびに「イテテッ」の連続でした。

  6. yuris22 より:

    Poi様

    むむむっ、私の第2のコンプレックスをご存知とは!!

    息継ぎさえしなければクロールは出来るんですけどね(できると言えないか・・)。
    ちなみに平泳ぎは前に進まない自信があります。

  7. MIE より:

    はじめまして★一緒に参加した者デス(笑)
    週末はお疲れさまでした♪
    不安だらけだけど、終わってみれば凄く楽しくて、
    参加して良かったって思いました!
    今日は筋肉痛三昧であります。。。

    私も早くMY自転車を購入したいと思います!!^^
    目指せ!夢の自転車ライフ!

  8. yuris22 より:

    MIE様

    わあーっ、嬉しい! 懐かしいなあ(・・なんて早すぎ?)。

    みんなとワイワイが楽しくて、お別れしちゃうのが寂しい気分でした。
    もう少し上達した頃、お弁当持参で集合して長距離に挑めたらいいな。

    寒くはなりますが、家の近所で再度練習に励みます。

  9. 髪結いの亭主 より:

    陸、海、次は 空か・・・?

  10. Grayman2006 より:

    ひとつのことを成し遂げた帰り道は、
    何とも清々しい帰り道だったのでしょうね。
    そして快晴に恵まれた伊豆スカイラインからの眺望は、
    美しさの極みで、輝いていたのでしょうね。
    輝く眺望に…、I’ll boost your rank up through my click.

  11. yuris22 より:

    髪結いの亭主様

    空ですか・・。実は最も苦手とするものなのですよ。

    できるものなら飛行機には乗りたくない。
    あの揺れる感覚は「イヤーッ、死んじゃう!」で、地震と一緒です。
    克服するためのレッスンとして、次回はパラグライダーで頑張ってみるかな。

  12. yuris22 より:

    Grayman2006様

    研修施設に向かう途中は集合時刻を気にして、景色など見ている暇は
    ありませんでした。
    でも帰りにはビューポイントで車を停めては深呼吸。
    旅行者としての日曜日を楽しみました。

    可能性のキャパが広くなると、心の余裕が出来るのですね。

  13. 亀吉 より:

    やれば出来る! おめでとうございます。
    次は水泳。
    背の立たないところに飛び込んでジタバタしているうちに泳げるようになります。
    チャレンジしてみましょう。

  14. yuris22 より:

    亀吉様

    と、とりあえず、足が着く所でやってみます(^_^;)

  15. たけぞう より:

    自転車に乗れるようになってよかったですね。
    僕は小さい頃に公園で親父に、正に満身創痍になりながら体で覚えました。
    2人の娘たちにも傷を負わせてかわいそうにと涙しながらも小さい内に教えてやりました。下の娘は3歳で乗れるようになりました。
    自転車に乗れると世界が広がりますね。今度一緒に乗りに行きましょう!

    あれれ、水泳もだめなんですか。
    実は僕も去年の今頃までクロールで25mがやっとで、背泳ぎなら少しは大丈夫だったのですが(なぜなら息継ぎができるから)、クロールは苦手だったのですが、この1年で市民プールのスクールと自分の練習だけで、1kmでもクロールで泳げるようになりました。
    今はクロールが一番楽です。不思議なものですね。

    今度一緒に泳ぎますか???

  16. yuris22 より:

    たけぞう様

    そうか、背泳ぎだったら息継ぎが要らないですね。
    でもプールならいいけど、海で背泳ぎってのも・・(^_^;)

    私もスクールに入ってみようかな。
    上手くなったらお手合わせ(?)願います。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました