1ヶ月早い桜を見る贅沢|三浦海岸の河津桜

銀行の用事を済ませた午後3時過ぎ、カーラジオを入れると河津桜が見ごろとの情報。

仕事は残っているけれど、何処かへ出かけたい冒険心がカーナビの検索ボタンを押す。
逗子から三浦海岸駅まで一般道で40分。バッグの中のデジカメを確かめて、小さな一人旅に出発した。

葉山の御用邸前から右手に海を見て秋谷、芦名へ。134号線を左に折れて林道を走れば、唐突に三浦海岸駅が現れる。

「桜まつり」の駅前にはピンクの提灯が下がっているけれど、咲いている桜は数本のみ。
えっ、これだけなの? 期待していた桜並木は見当たらない。
行き当たりばったりで走っていたら両側が畑の農道に迷い込み、「桜まつり仮設駐車場」の矢印を発見。道を折れた途端に、延々とピンクの綿菓子が続いていた。

桜まつりの遊歩道
桜まつりの遊歩道2

時間が遅すぎたのか仮設駐車場はクローズしていたけれど、公園の脇に車を停めて散策を開始する。
例年は2月中旬が見ごろだそうだが、冷え込みが厳しかった今年はまだ7分咲きぐらい。
この週末はどこより早いお花見客で賑わうことだろう。

河津桜1
河津桜2
菜の花と桜

地元有志たちが平成11年から植栽を開始した河津桜。約1千本あるという木々は少々若くて頼り無げでも、並行して咲く菜の花たちがサポーターだ。
薄曇の空に、淡いピンクと鮮やかな黄色。
初めての場所なのに懐かしいのは何故だろう。

写真を撮っている私に、公園で遊ぶ女の子が近づいてきた。
可愛い握りこぶしに手のひらを差し出すと、拾い集めた花びらがパラパラと零れる。
「ありがと!」
「バイバイ!」

家に向かって駆けていく背中。あの子は昔の私だったのかな。
桜の旅の帰り道は、過ぎていった春の幻たちをバックミラーに見ていた。

コメント

  1. たけぞう より:

    ソニーのビデオカメラのCM(今年は中島美嘉の曲)で桜舞い散る中を駆けていく小学新一年生の少女がいますが、そんな風景を思い出させますね。

  2. yuris22 より:

    たけぞう様

    平日の午後4時過ぎだったので殆ど人影もなく、ノスタルジックな世界を
    味わえました。

    3月~4月は別れと出会いが交錯する季節ですが、桜の花は誰の後ろにも
    美しい背景です。
    さあ次はソメイヨシノ。今年は2回、得ができます。

  3. こまちゃん より:

    目黒川は4月初旬ですね!
    楽しみだなぁwww

  4. yuris22 より:

    こまちゃん

    4月初めは置いといて、こまちゃんには桜は一瞬の美、
    お酒は永遠の楽だと思います。

    飲み会も近いかな(‘-^*)/

  5. maap より:

    本当にきれいに桜さいてますね。
    春ですね。
    なんか難しいビジネスされているようですが、
    フリーターから抜け出せない私には、わかりません(^^ゞ

  6. yuris22 より:

    maap様

    いらっしゃいませ(^_^)

    今日は一段と暖かくなって、ソメイヨシノの蕾も膨らんだことでしょう。

    私は「物を書くこと」全般が職業なのです。
    好きなことをビジネスに発展させれば、新しい職種が生まれます。
    maapさんも自由な生活の中から、良い発想を得られますように。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました