ある日のバス停で

スポンサーリンク

バス停が好きだ。
時刻表通りに来ないバスを気長に待つのが好きだ。

それは田んぼの真ん中を走る国道。気温32度の夏休み。
ディーゼルの排気臭が行きかう風の中で、麦藁帽子を押さえながら待つバス停。

それは小雨が止まない病院の前。たぶん一台が行ったばかり。
ポツリポツリと私の後ろに、無言の待ち人たちの傘が並んでいくバス停。

それはターミナルに向かう夕暮れ。渋滞のイライラに加わる東京。
携帯のメールを操りながら、暇つぶしを探す人たちが溜息をつくバス停。

それは樹木が手足を広げる7月。梅雨の終わりを予告する色褪せたアジサイ。
待ち合わせの時刻を気にしながら、でも待ってくれる人がいる幸せに浸るバス停。

小坪のバス停

やがてひょっこりとストライプのボディが現れる。
ポケットの小銭を確かめて文庫本を閉じる。

人生のほんのほんの小さな中継ぎを終えて、次のシーンに向かうバス停が好きだ。

コメント

  1. こまちゃん より:

    10年以上前ですが、仕事で川崎に行ったときに
    多摩区辺りでバスの乗り継ぎをしました。
    あの時のイメージが頭の中に再現されて
    なんだか懐かしく思えます。トトロのシーンみたいw

  2. yuris22 より:

    こまちゃん

    トトロですか~。
    大好きな映画です。

    うちにやってくる押しかけ猫のリズが、
    夢の中で「猫バス」に化けそうです。

  3. 詩人たそがれ より:

    なんと美しい一瞬を映し出すのか・・・

    あの「蚊帳の写真」でその感性の一端がわかりました(?)、いや わかったつもり・・・

    なぜ、自分がそう出来なのか・・・嫉妬します。
    なぜ、神は不平等なのか???

    でも「リズの猫バス」は見たいなぁ~~~

  4. yuris22 より:

    詩人たそがれ様

    実はリズがまた来たんですよ。
    裏返してオスかメスか判定しようと思ったんですが、
    あまりに重たそうなので諦めました。

    下から覗いたところでは・・メスでした(笑)
    色気ないコメでごめんなさい

  5. 詩人たそがれ より:

    でも、一見で「リズ」と名づけた管理様の直感はすごいですね。

    「リズの猫バス」は女人禁制ですね。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました