星に願いを・・(岩手旅行番外編)

スポンサーリンク

なんでいきなり岩手に旅行なの?と皆に聞かれる。
急ぎの仕事を抱えつつ、持ち歩きには大きすぎるノートPCを抱えつつの、計画性がまるでない旅なのだ。
だけど今回どうしても見たかったのは、秋、樹木、雲、花、河川・・そして星。
友人から情報を仕入れていた岩手の地に、それが集約されていると思ったからだ。

縄文住居跡のある樺山遺跡へ、昨夜もう一度行ってみた。
ただし昼間のように金色の田園を見るためでなく、空にまたたく金色の星たちを眺めるためである。

市街地から見上げる夜空は、ライトに邪魔されて東京と殆ど変わらない。
教科書通りに並んだ星たちを辿れば、お決まりの星座はすぐに見つかってしまう。

でも周りに建物がないこの地からは、予想外な星の密集。
北極星はどれ? 北斗七星はどれ? カシオペア座はどれ? 何も見つからない。
通常見える星たちの後ろに、薄い無数の星たちが幾重にも重なり合っているからだ。
どんな女王様の宝石箱にも叶わない自然のジュエリーたち。

これが日本かと思う天体の驚異に、首は後ろに傾くのみ。寝転んで見られたらどんなに幸せだろう。
こんな環境であるなら、この世を去った人々が星になるというストーリーには納得がいく。

ねえ、そこに居場所を見つけた星は先に行った貴方ですか?
私に気づいたら、チカチカの合図を3回送ってね。

声をかけてるうちに目が潤んで、どの星だったか分からなくなってきた。
夜空の絵図に私が仲間入りするのは、いつのことだろう。

コメント

  1. besnow より:

    こんにちわ~yurisさん。

    お元気そうでなによりです。

    >こんな環境であるなら、この世を去った人々が星になるというストーリーには納得がいく。

    yurisさんのこの言葉で・・・
    今日、初めてこの言い伝えの意味がわかりました。
    そうなんですね。
    子供の頃から、たくさんの星空を知らずに生きてきたから、
    その意味が実感としてなかったのですね。
    ありがとう。教えていただいて。

    yurisさんは、良い旅をされていますね。
    旅人によい風が吹きますように。

  2. 髪結いの亭主 より:

    いっぱい食べて・・・

    いっぱい笑って・・・

    いっぱい話して・・・

    いっぱい泣いて・・・

    自然になぁ~ぁれぇ~~~!

  3. yuris22 より:

    besnow様

    ずっと以前に南半球で星空を見た時には感じなかったこと
    なんですよ。
    でも今回は北の地の、しかも古代遺跡があった場所だから
    こそ、人間と宇宙との繋がりを感じたのかもしれません。

    途中から観光目的の旅ではなくなりましたが、心を癒す
    時間をたっぷりと取れた休暇でした。

  4. yuris22 より:

    髪結いの亭主様

    今日の岩手は朝から雨です。
    これから温泉に行って、いっぱいお湯に親しんできます。

  5. 髪結いの亭主 より:

    ごめなさい・・・

    「いっぱい飲んで・・・」

    忘れてた!

  6. tsune2 より:

    昼天気が荒れていて、でも夜に星空が出てましたね。
    先週末の天気はどうでしょうか。
    今週末は1年前に決めたことへのチャレンジ。
    ゼロからはじめた事、何があっても平気。
    夜にまたいつもの星空が必ず見れるから。
    ビリでもいいや。

  7. yuris22 より:

    tsune2様

    北上は8日は雨でしたが、あとは概ね良い天気。
    昼夜の温度差はまるで高原の天候です。
    夜はそろそろコタツを出す気温なのかなあ。

    星空を見るとホッとするのと勇気が出るのと、パワーが湧いてきますね。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました