都心を離れて知った足元にある幸せ

スポンサーリンク

最近ほんわかと幸せだ。
東京から逗子に越して5ヶ月だが、このところ急速に生活パターンが固まってきた。

サンダル履きで散歩に出れば、古着屋のおばちゃんから「コーヒー入ってるよ」と声がかかり、秋の夜長は町内会仲間から「カラオケに行こうよ」とお誘いがくる。

週末は別荘に集まる業界人達から「マージャンやろう」とメンバー募集。もっとも七対子と国士無双しか知らない私は、前半戦の飲み会だけで勘弁してもらう。

そろそろベッドに入る時間には、遠くの友人と近況報告の電話。

朝はアラーム要らずで、窓から差し込む光が目を覚ましてくれる。
行きつけの珈琲屋で買ってきたマンデリンを入れ、背筋を伸ばして始めるデイリーワーク。

こんな日常を言葉にするなら「あたたかい冬支度」。
私を包み込んでくれるのはセーターや暖房器具の暖ではなくて、人情のぬくもりだ。

秋の逗子海岸
落ち葉

逗子海岸に写真を撮りに行った帰り道、石段で赤く色づいた落ち葉を拾った。
あまりに綺麗なので誰かに見せたくて、古着屋のおばちゃんを訪ねる。
物々交換しましょと、枯葉の形をしたランチョンマットとコースター、ナフキンリングを貰った。

「わらしべ長者みたいね」と交わす微笑みもやはり、人情のぬくもりである。

落ち葉2
ランチョンマット

コメント

  1. 髪結いの亭主 より:

    >マンデリン !!!
    あぁ~、私はモカとマンデリンが大好きです。
    ある町の川沿いの喫茶にフッと入り、
    飲んだマンデリンがおいしかった!
    大変懐かしく思います。
    以来、マンデリンを探すのですが
    あの味に会うことが出来ません・・・

    きょう見た椿の蕾は、
    赤ちゃんの指先ぐらいかな?
    もう みんな 準備している。

  2. yuris22 より:

    髪結いの亭主様

    マンデリンはね、コーヒーの銘柄も知らなかった大学1年の頃、
    渋谷の喫茶店で先輩が教えてくれたのです。
    1時限目の授業をサボった朝でした。

    何を飲んだって味は分からないくせに、すごーく感激した。
    苦くて若い、思い出の味です。

// この部分にあったコメント表示部分を削除しました
タイトルとURLをコピーしました